永六輔師匠と その七

永さんは本当によく本を書かれていらした。旅先で起こったこと、感じたことなどなどを小まめにご自分の分厚い手帳に書き綴り、それらを様々な新聞や週刊誌の連載に載せ、そして最終的にそれが一冊の本となる。私たちカンジヤマ・マイムも旅先でご一緒させていただいた事を何度も載せて頂いた。すると必ずご丁寧に本を送ってくださり、その本に一言書いてくださるのが常だった。まずはここでは最初に載せて頂いた本とその内容をご紹介する。今でもこの文はカンジヤマ・マイムのウェブにおいても永さんにご許可をいただいて推薦文としてその一部を使わせていただいている。以下、永六輔著、『逢えてよかった!:僕のメディア交遊録』(朝日新聞社)からの抜粋です。これは当時朝日新聞に連載されていらした『僕のメディア交遊録』というコラムから本になったものです。 「カンジヤマA・カンジヤマBさん [笑い]もとれるマイム あらゆる筋肉を一瞬にして緊張させ、次の一瞬にはそれを弛緩させてしまう。 または、特定の筋肉だけを自分の意志通りに動かす。 こうしてパントマイムはその肉体表現を作品にするのである。 と簡単に書くことは出来るが、肉体表現だけで観客を笑わせたり、感動させたりするとなると、これは困難な事だ。 自己満足の作品が多くなるパントマイムの世界で、寄席の高座でも好評なのが「カンジヤマ・マイム」のコンビである。つまり、色物として芸人志向のマイムをつくっているのだ。 例えばマルセル・マルソーを芸人とは言わない。芸術家というが、芸人と芸術家は芸の差ではなく、意識の差である。 カンジヤマは、漫才、マジック、曲芸の世界に飛び込んで、芸人としての修行で、マイムを寄席の世界に定着させてきた。 一方で基本的なマイムを寄席の芸人に教えるようにもなり、相互に刺激を与えているのがよくわかる。 このカンジヤマのマイムのベースがヨガ。「このところ、困っています。ヨガというだけで、オウム真理教だと思われてしまうんです。真面目にヨガを学んでいる人たちにとって、こんな迷惑なことはありません。 正しくヨガを理解してくださればいいのですが、ヨガにしてもパントマイムにしても、この国ではまだなかなか・・・。 でも、なかなかだからこそ楽しいですね。寄席がマイムを受け入れてくださっただけでも画期的でした」 僕はこの二人が、寄席以前のステージで公演したパントマイム「奥の細道」に感動した。そこでは見事な芸術家だった。

2016-07-31 10:24 | つれづれなるままに | コメント

永六輔師匠と その六

永さんとの思い出をすべて綴ろうと思ったら僕はおそらく死ぬまで書き続けなくてはならないと思う。そのくらい自分の話芸、いや人生そのものにインパクトを与え続けてくださった存在なのだ。そしてそんな不詳の弟子の舞台にもこまめに足繁く通ってくださった。4年前の三越劇場での公演の際も車いすで付き添いの方をお連れになってわざわざいらしてくださったのには涙がでた。そんな優しい師匠が一度僕の息子にまでわざわざハガキをくださったのだ。 6年前の鈴本演芸場での奥の細道の公演の際の事です。毎回、僕は奥の細道への導入を何とか現代と結びつけるべく様々な演出をしてきた。高校生の男女が学校帰りにカラオケに行こうとあるいていると、立ち止まり、フリーズ、その後二人は年老いた夫婦になって自分らの人生を振り返る。あるいは、現代の葬儀の場面から始まり、その友人の葬儀に集まった旧友達の間の会話から過去を顧みて人生を想ったり・・・そしてこの6年前の時は、父親が保育所に息子を迎えに来て、帰り道に遊びで子どもに覚えさせている奥の細道の導入部分を親子で暗唱しながら、旅って何だろう、東北ってどんなだろうと、東北新幹線の開通にちなんで親子で簡単な会話をするという設定だった。ここで当時4歳だった息子が奥の細道を舞台上で暗唱した。もちろんこの時の観客の驚きと拍手は凄かったのだが、公演の翌々日、永さんからわざわざ一通のハガキが届いたのにびっくりした。それがここに貼ったハガキである。永さんが自分の息子にわざわざおほめの言葉をくださったのだ。今ではこれは息子の宝物である。(もちろん自分にとってもだ!!) ハガキもわざわざ子どもの為にお選びになっているところが凄い。こういう細かい気配りを一体師匠は何千人のいや何万人の人々にされてきたのだろうか。自分だけでも、どれだけ師匠からハガキを頂いたことだろうか。いつもたった一言、でもその一言がありがたいのだ。そして振り返ってこれだけの気配りを果たして自分はできるだろうか。いつも考えてしまう。

2016-07-29 01:33 | つれづれなるままに | コメント(2)

ピアノとパントマイムによるショパンの生涯!

いよいよ26日(火)、今年3月に初演した「ピアノとパントマイムによるショパンの生涯」の再演です。ここ一年以上、常にどこへ行く時でも聴き込んで、そして本などによりその生涯を追いつづけてまいりました。前回よりさらにパワーアップしてお送りいたします。今回はそのプログラムノートより自分とショパンの出会いをご紹介いたします。(以下プログラムより) ショパンと私の本格的な出会いは、私の最初の師匠、ヨネヤマママコ女史のスタジオでした。当時18歳の私は、来日したマルセルマルソーの舞台に心酔してしまい、大学を中退し、ママコさんのスタジオに通い始めておりました。スタジオでショパンの夜想曲を使い、夢、ファンタジーの世界へお客様をご招待するという動きを何百回も繰り返しやらされた経験を思い出します。あまりにも美しい曲になかなか自分の身体が付いてゆかない。自分の不器用な身体を恨みながらこの曲に全身で耳を傾けた思い出があります。あれから39年後(注:今となっては40年後)まさか小林先生のような素晴らしいピアニストにお誘いを頂くなどとは夢にも思わなかった事です。光栄であると同時に重責が全身にのし掛かっております。こうなったら全身何もかも脱ぎ捨ててショパン様にすべてを委ねるしかありません。どうぞ降りてきてくださいと祈り続けるのみです。 7月26日 代々木上原、MUSICASA にて19;00 開演です。

2016-07-25 05:39 | つれづれなるままに | コメント(1)