人生を物語る無言の瞬間

別に特別興味があるわけでも無かったが、ついタイミング的にテレビの前を通りかかったら妻がオリンピックをみていた。浅田真央とキムヨナの対決。鍛え抜かれ、洗練されたその技はもう筆舌に尽くし難かった。あっぱれで、実に見事。人間がこんなに美しく舞えるという夢をみているようだった。 ただ、そのあとでのインタビュー、およびマスコミの人々の報道の仕方がどうも鼻について困った。直後、浅田真央が泣いていた。悔しいに決まっている。くそー!!と思っているに違いない。自分には彼女の涙が彼女の演技と同じくらい重くのしかかってきたのだ。 だが、それを半ば無理やり美談にもってゆこうとするマスコミのお決まりの扱い方・・・・。野暮の骨頂。私たちみたいに、その場だけただ単に傍観していて、「いや、残念だったね、でも頑張ったから偉い…感動をありがとう!」って無責任な事言いながら、次の瞬間にはすべて忘れて目の前のおいしいものに食らいついたりしている輩とはわけが違うんだよね。彼女らは何年間もぶっ続けで24時間この瞬間の事をイメージしながら全エネルギー、全気力を集中してきたのだから。それは悔しいし、悲しいし、言葉なんかにできるわけがない。本人たちがそれを美談として受け入れられるのはまだまだずっと先の事。今はただその瞬間に起こった事の一つ一つを身体で感じて、そしてその反応として前論理的な涙を流しているのではないか。これを無理やり言葉に出させようなんてするのが所詮間違いだ。ただ単に激しい戦いをして敗れ、涙している彼女を静かに映してやればよい。その悔しい涙以上にこの瞬間を物語るものはない。無理にテレビインタビューとして成り立たせようとするその計らいが胡散臭いし、ばかばかしくて腹が立った。それこそ、子どもを殺された親に向かって「犯人に今何と言ってやりたいですか?」などと聞くインタビューアーと同じレベルだ。なぜ全てを言葉に託さないと成り立たないと思うのか?なぜ身体が雄弁に物語っている瞬間を認めようとしないのか。マスコミよ、もっと読めよ、身体の信号を!全身の言葉にならない叫びを!!

2010-02-27 10:39 | ひとりごと | コメント(2)

海童房にて

24日は昼前から落語協会の真打ち披露パーティー会場、精養軒へ行く途中、久々に上野公園を横切った。思えばここへ一年ちょっと毎日のように通った時期があった。日本の児童演劇のさる貴重な資料が芸大の図書館にのみ所蔵されていたのだ。本当に久しぶりの上野公演は天気も良く気持ちよかった。自分にとっては初めての真打ち披露パーティー出席だったので色々と珍しく楽しかった。真打ちになるという事はつまり、もう誰にも甘えられないし、言い訳もできないという事だ。本当にめでたいながらこれからが大変だなと思った。我らマイムには真打ちなど勿論ないが、また素人とプロの境界線もイマイチ曖昧なのも真実だ。どちらがよいとは言えないが、いわんせマイムには古典的なテキストもなければ、ちゃんとした師弟制度もない、みな個人がそれぞれの努力により市場を開拓し、自分のスタイルで、自分の作品を作っている。本当にこれも大変なことだとつくづくおもう。 昼過ぎに上野をあとにし、一路伊豆稲取へ向かった。いつも私の公演(特に芭蕉マイム)を手伝ってくださり、長年にわたって様々なジョイントをさせていただいている笛の達人、横田年昭さんの「海童房(わたづみぼう)」を訪ねた。横田さんは日本のジャズフルーティストの草分けであり、最近でも様々な映画などの音楽を制作している。(例えば、真田博之、宮澤りえ主演の「たそがれ清兵衛」は富田勲さんと横田さんのジョイントの音楽だ)今回は3月末の横田さんの舞台のゲスト出演の打ち合わせとリハーサルの為だ。海童房を訪れるのはなんと13年ぶり、その後横田さんは自分でなんと海に面した山の斜面に家を建ててしまった。家に入るとまず目に飛び込んできたのは、そのベランダから見渡す壮大な海、海、海!!!その海の向こうに大島が(…普通は見えるはずだったが、残念ながらその日は見えなかった・涙) そのベランダにはリスやらなんとたまにサルもくるという。昨日今日と二日に渡り楽しい話に花を咲かせた。その昔、永六輔さんもここへ遊びにきたり、御一緒に三組で近くの寺でイベントをしたり、そんな思い出がたくさんある。 横田さんと話していると、いつも何かにもがきながら生きている自分が恥ずかしくなるのだ。横田さんの好きなことば「小生の人生しょせん暇つぶし・・・・」のんびり、そして楽しみながら大好きな笛を吹く。こんな境地でマイムやっていきたいと改めて思った。

2010-02-25 10:28 | つれづれなるままに | コメント(2)

三島から吉祥寺へ、子どもから大人へ

昨日20日は三島で子どもと親子の為の舞台。開演が6時からだったので、少し早めに当地に入り、念願の三島のうなぎを食べた。前回と同じ「うなよし」で食べた・・・・・といってもあとで主催者の皆さんに伺ったらなんと三島公演は13年ぶりだという。月日のたつのはまったくいやはや(汗)。スタッフと調子あわせて「大盛り!!」と頼んだのだが、うなぎが来てからその量にびっくり!!ごはんがなんと4杯分はあるのだ。何度も写真をとったがやはり半分くらい食べてからでないと、その盛りの凄さが伝わってこなかった(汗) (写真参照)。ん~、しかし旨かった。本当に!!し・あ・わ・せ 13年ぶりの三島公演は久々の子どものショーで盛り上がった。大人のショーも楽しいが目を丸くしながら大笑いする子どもたちも実にかわいい。そしてなによりも家族みんなでみてくれる、この親子でみるという経験が大切な時代だとつくづくおもう。価値観の多様化、そしてテレビの軽薄化が言われて久しいが、親子で同じものをみてその笑いを分かち合える、これはマイムの特権だと思う。年齢差は関係なく笑えるのがマイムの強さなのだから。 深夜に帰宅、そして翌日、つまり今日は吉祥寺にある前進座劇場にて「三人会」のゲスト出演。これまた凄い舞台だった。何しろ明日の落語界を背負っている三人がしのぎを削りながら切磋琢磨しあう精鋭対決の会なのだ。それにお客様もかなりの目利きが多いときいていた。最初から袖でそれぞれの師匠の「つかみの話芸」を聴きながらさすがだなとつくづく思った。本当に刺激になる。それぞれの噺へのもってゆきかたが実に面白い。 実は以前から前進座劇場はあこがれの劇場の一つであり、いつか自分もここでできたらなと密かに思っていたのだが、今日それが実現した。いつかここでカンジヤマだけの公演したいな~!!とにかく一流の師匠がたに囲まれて緊張の舞台はあっという間に終わった。一息ついて帰途に就こうとした時、ひと組の上品なご夫婦に声をかけられた。マイムの演目に事細かなコメントをいただき、その見識の深さに感銘を受けた。本当に芸能を愛していらっしゃる方らしく、その広く深い芸能に関する知識に圧倒された。やはり前進座のお客様は怖い。だが、こういった舞台を経験しなくては成長しないなとつくづく思った。実に有意義な一日だった。感謝感謝、そして合掌

2010-02-21 10:24 | ひとりごと | コメント(2)