仕事の合間に!

一月下旬は浅草演芸ホールに出演しながら大学の期末試験とその採点、来年度のツアーの日程調整、そして副査として関わってきた早稲田の大学院生の修士論文のチェック、審査に追われる毎日を送っております。2月は仏教関連の団体の方々より様々なお仕事を頂き、公演させて頂くのと、3月のショパンの生涯に向け、リハーサルも佳境に入ります。 そんな中、仕事の合間を縫って、時間をつくり、娘の自転車訓練に付き合ってきましたが、先日ついにその結果がでました!!私が手を放すと、そのままヨロヨロしながら一人で補助輪無しでどんどん進んでゆく娘をみて、「ああ、やがてこうやって独り立ちしてゆくんだな~~と感慨にふけっておりました。行け!!娘よ!…自分の道を踏みしめて… 汗びっしょりになりましたが、心地よい達成感!!自分がかつて父親に世話になった事思い出しました。(フェイスブックより)

2016-01-29 04:40 | つれづれなるままに | コメント

2016新たなチャレンジ!!

さてさて、2016年春に予定されています新たな試みをご紹介いたします。ショパンに挑戦致します!!ピアノとパントマイムによる「ショパンの生涯」 3月25日(金)18:30分開場、19:00開演 会場:ムジカーザ(代々木上原) チケット4000円 問い合わせ:カンジヤママイム事務所 (ウェブをご覧ください) 素晴らしいピアニスト小林功先生の演奏と早稲田大学名誉教授の関根勝先生の演出により、ショパンの生涯をピアノとパントマイムで綴ることに挑戦です。故郷ポーランドを離れ、独立の危機に面する母国の運命を危惧しつつ、自らの異国の地における葛藤と病魔との闘いを軸に、ジョルジョサンドらとの関係に焦点をあて、ショパンの音楽と身体表現でその軌跡をたどります。 チケットのお問い合わせはカンジヤマ・マイム事務所までどうぞ! mime[a]kanjiyama.com ※上記のメールアドレスの[a]を@に変更してメールを送ってください

2016-01-17 08:29 | つれづれなるままに | コメント(2)

日記より

今月6日娘の誕生日の際にfacebook に載せた日記があまりにも反響あったので、思い切ってここにも掲載することにしました。以下当日の日記より。 今日、娘が6歳の誕生日を迎えた。いよいよ4月から小学校へ通う事になる。そんな娘と夕食で外食したのだが、食後に母親と洗面所に行った娘が真剣な顔で母親にこんな事を尋ねたらしい。「ママ、なんで人間はみんなオナラするのに、プリキュア達は全然オナラをしないの・・・?」あまりに唐突なこの質問が可愛くて帰りの車の中でこれが話題に上がった。間を入れずに私が、「ああ、知らなかったの?あれはね、プリキュア達がパフュームなどを使って変身するでしょ?あの時に大きな音楽がなっているでしょ?実はね、あの大きな音楽が鳴っている時にそっとプリキュア達はオナラをしているんだよ!!大人だけはみんな知っているんだけれどね。君も6歳になったから沢山の事が分かるようになったね」・・・娘は助手席でじっと黙って私の顔を見つめていた。後部座席で10歳になる息子がのけ反りながら大声で笑っていた。妻は白い目で私をみていた(ような気配を感じた)・・・娘は今日6歳になった。ごめんね、こんな父親で!!

2016-01-13 09:14 | つれづれなるままに | コメント