18年後に!!

先日公演させて頂きました,京都府立K高等学校での事。校長先生に公演前にご挨拶に伺った所、なんとご自身がカンジヤママイムのサイン入りの本をお持ちになられていらっしゃったのです!!お話しをうかがうと、更にビックリ。なんと18年前にカンジヤマが京都府の教職員互助組合主催のもとに、京都内で数多くの連続公演をしたときに、その一つの舞台をご覧になったとの事。そして今回18年ぶりにカンジヤマを是非との事でお招き頂いたのだ!!なんと18年前の舞台を覚えていて下さった事に驚きと感謝の念で一杯になった。カンジヤママイムへ熱いエールを送ってくださり、ご自分の生徒さん達に是非とも見せたいとお呼び頂いたその気持ちがありがたくて心で何度も合掌しました。この校長先生本当に凄い若さのエネルギーで生徒たちに語り掛けられていらっしゃいました。そのお手伝いが少しでもできた事を願っております。帰り道には教頭先生のお車で送っていただき、車中、色々なお話しをさせて頂き、これまた短くても貴重な時間を頂きました。こんな素敵な出会いの連続で、身体に厳しい旅も癒されております。(写真はK高校校長先生とカンジヤママイム) その後の京都のK中学で公演。ここの中学校は創立30周年を迎えるという。奇しくもカンジヤママイムが日本で活動初めて30周年!!ここでも、やはり校長先生がわざわざ舞台後に訪ねていらして下さり、とても素敵な熱烈なお言葉を掛けて頂きました。人と人との出会いはまさに一期一会の命のふれあいです。全力でぶつかれば全力でこたえてくださる人々が有難い限りです。 京都から米子に移動し、一日の休みの空き日の日曜日は午前中は軽く筋トレを行い、ランニングで過ごしました。午後は指導している学生の論文の校正と、その他の事務仕事に。そして今日、月曜日は米子のY高校芸術鑑賞会。そして本日26日はカンジヤマBのバースデーです。19歳の時に寝袋一つもって福島の公演先に現れて「パントマイムがやりたいです」と呟いた青年。あれから~~年。彼はもう立派な芸人になりました。カンジヤママイムの重要なプレーヤーとして若者に熱いメッセージを送り続けています。時間はどんどん過ぎ去ってゆくけれど、その中で地道な結果は少しずつではありますが、着実に花開いている気がします。Life goes on and on!! And this too shall pass.

2015-10-26 12:30 | つれづれなるままに | コメント(1)

NHK「趣味どきっ!」出演。そして旅は続く。

21日は大阪天王寺にあるK高校の芸術鑑賞会!!ここの高校ではなんと4年連続で公演させて頂いています。今まで3回までは再演依頼は他にも何校もあったのでしたが、さすがに4年連続という高校は初めて!しかも今回はこの高校の旧体育館最後の公演となった。今年12月には取り壊され、そして二年後に新しい大きな立派な体育館が出来上がるという。さすがに4年も公演した場所なので愛着を感じ、少し寂しいような気分さえ覚える。この学校の標語はOnly One、つまり個々の学生の個性を育てるという素晴らしいものだ。だから先生方もユニークな道を歩むツワモノが沢山いらっしゃるのが頼もしい。また来られるといいな。 実はすっかり録画はしていて、自分では忘れてしまったのだが、この日21日、午前10:15 – 10:40 NHK総合「趣味どきっ!第3回 簡単な編集にチャレンジ!」という番組で以前収録したカンジヤマ出演の内容が放送された。 小林幸子さんとガダルカナル・タカさんがカンジヤマ・マイムのパントマイムをスマホで録画し、それを編集するという内容。小林幸子さんがカンジヤマのマイムをご覧になってキャッキャッと驚きながら感心してくださったのを思い出した。何人もの友人たちから、「でてたじゃん!!」といわれるまで公演の事で頭がいっぱいでした。尚この再放送は10月26日NHKEテレで午前11;30〜11:55分までだそうです。是非御覧くださいませ。詳しい内容は http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/nhk/54929/422162/ さてさて、大阪公演を終えその後四国は徳島のK高校で公演。これまた大盛況。公演前に先生のご配慮で学食で昼食を頂いたのだが、その唐揚げ定食の内容がまた凄かった。この写真みてください。やっとの思いで食べきった唐揚げ定食。これまた安い。いいないいな(笑)公演後、礼儀正しい生徒さんたちが最後まで笑顔で手を振って見送ってくれた。徳島の高校は今までそれほど数はやっていないので増えるといいな。 と言っている間に移動。今現在は京都は長岡京。明日23日はここの近くのこれまたK高校にて教育講演会と題してカンジヤマの公演が行われる、その後も24日これまた京都のK中学。なんとこの4日間すべてイニシャルがKなのだ!!笑 その後カンジヤマは米子に移動、米子の県立高校二校で公演した後、スタッフは名古屋に移動。その間カンジヤママイムAは28日の米子空港から朝の第一便で東京へ一旦帰り、鈴本演芸場にて行われる都内の名門I〇〇高校の芸術鑑賞会にゲスト出演。その後名古屋へ戻り、スタッフと合流、翌日は名古屋のT高校芸術鑑賞会。この高校は二年前に鑑賞会やらせて頂いて再演となる。老いゆく身体と、どこまでも飛ぼうとする精神との熾烈な戦いが続く。と、同時にこの幸せに心から合掌。Life goes on and on. 写真上はK高校の旧体育館。真ん中は徳島K高校の学食の唐揚げ定食。そして下は趣味どきっ!のお二人。

2015-10-22 10:06 | つれづれなるままに | コメント

10月、今思う事。

10月に入り、全国で様々な文化行事が益々盛んに行われている。カンジヤママイムもそのような文化祭、芸術鑑賞会におかげさまで全国へ引っ張りだこの毎日を送っている。先日は山梨県の某高校の芸術鑑賞会にお招き頂いた。本当に気持ちの良い秋の日差しに遠くの山々が実に美しかった。物凄い大盛況に舞台を終え、そのまま千葉は東金へとむかう。翌日は東金の会館にてもうひとつ高校芸術鑑賞会!若者たちのエネルギーは凄い!終演後カンジヤマのメールボックスには若者たちが自主的に送ってくれるエールや感動の言葉が沢山残されている。身体は連続公演で悲鳴上げているのだが沢山の元気と心の栄養をもらう。彼らは決して無感動なのではない、感動できるものに飢えているくらいに食いついてきてくれる。 だが、それとは逆行するような教育界の情報も多々入ってくる。知り合いの某高校の先生から最近お話をうかがった。文科省からの授業確保の指導に伴い、まずは芸術鑑賞会のような行事が次々に中止されているという。一昔前「陽の当たる教室」という映画があった。芸術教育を履修する学生たちには必ず見せている映画なのだが、政府が教科重視をうたうと必ず犠牲になるのがこういった「課目外」の「IQに一見無関係」な芸術系のクラスや行事であるのは今も昔も変わらない。ただその先生もおっしゃっていらしたのだが、昨今の経済格差の広がりに呼応するように教育格差が開きつつある。家庭環境がIT情報などの格差を押し広げている。そしてそれを埋めるために単純にさらに従来の科目を強要することが果たして良い事なのかどうか。かなりの疑問を感じる。ダニエルゴールマンやハワードガードナーなどが提唱するIQベース以外の人間の知能、あるいは情動にもっと目を向け、それぞれの子どもたちが個々の独特な領域での目覚め、自己成長のキッカケを見つけられるようなチャンスを与えるのもまた教育の重要な役割ではないだろうか。IQ教育に偏ってきた結果が今の破たん寸前の競争社会だ。果たしてこれで人類は平和な共存ができるのだろうか。いやもっとその前に若者たちは自分たちの人生に夢やほこりをもてるのだろうか。 そういった教育関係に携わる方々には先日から私たちがもらい続けている高校生たちからの熱い生の声を是非聴いて頂きたい。そこで今回は特別に頂いたメール(高校生が自主的に自ら私たちのウェブを通じて自分の言葉で語ってくれたもの)を公開したいと思いました。本当はこういったメールはなるべく公開したくはないのですが、昨今の事情を耳にするたびにこういった生の声が沢山届いているんだ!と叫びたくなる思いなのです。そこで本人たちに了解を得て、その上個人的な情報を削除したうえでここに掲載させて頂く。先生方にこの声を是非聴いて頂きたいと思います。芸術鑑賞の一つの力だと思うのです。 高3女子SSさんより 本日は、***高校の芸術鑑賞会に来てくださり、ありがとうございました。 3年間芸術鑑賞会というものがあったのですが、今日のこの公演が3年間で 1番楽しくて、本当に感動しました!トークとパントマイムをうまく織り交ぜながらの公演で、ずっと見ていたくなり、終わってから終わって欲しくないと思ったくらいです(笑)家に帰ってからも家族に身振り手振りでカンジヤママイムさん達 のことを話したのですが、1人だけ興奮してしまいなかなか理解してもらえ な かった です(笑)家族にも1度は見てもらいたいなと思いました!Aくん のお話 にありました、一期一会のこと、失敗を恐れないでほしいこと、運命の 出来事 が必ずあるんだということ、諦めないでほしいということ…どれも すべて 心に響き、頑張ろうと思わせてくださいました。今、受験のことで辛いことが重なっている最中のカンジヤママイムさんの公演だったので、本当に心に響くことがたくさんありました。とて も勇気 づけられました。ありがとうございました!!!オノマトペマイム、道具を使ったパントマイム、そして最後のサイレントマイムは思わずうるっときてしまい ました。音がないのに、体の表現、表情だけで人の心が動かせるなんて、本当に 素晴らしいことで、今日でもっとパントマイムが好きになりまし た!!(笑) 実は、何度か「おかあさんといっしょ」のパントというコーナーを拝見たことがあったので、それにカンジヤママイムさんが携わっていたことを知って、すごく不思議な親近感が湧きました。(笑)今度それを知った上で、改めてみたいとおもいます!!(笑)文章が長くなってしまい申し訳ありませんでした。ですが、 本当にカンジヤママイムさんと出会えてよかったと思える日でした。またカンジ ヤママイムさんの公演、絶対見に行きたいと思っています!!!これからもお体に気をつけて頑張ってください!本当にありがとうございました。 高3女子H.Oさんより こんにちは、***高校3年の***と申します。今日、学校の芸術鑑賞会 で 『おしゃべりなパントマイム』を鑑賞させていただきました。本当は直接お会いして伝えたかった、感謝の気持ちをこちらのサイトから伝えようと思い、送らせていただきました。私は今受験生で心から叶えたいと思う夢を実現するため勉強勉強の毎日を送っています。ですが模試や定期試験などでなかなか良い結果を出すことが出来ず失敗ばかりでした。その度に諦めかけたり、どうせやっても無駄 だと思ってしまったりもしました。ですが今回『おしゃべりなパントマイム』を鑑賞させていただき、失敗を恐れず前に進んで行こうという前向きな気持ちになることができました。Aさんの今まで経験してきた挫折や 様々な困難、成功を聞いてそしてパントマイムを観て、私は勇気をもらえた気がしました。 成績が伸び悩み落ち込んで、やる気も出ず、ダラダラと勉強していたこの時 期に芸術鑑賞会という学校行事に参加することになり、私は正直、その時間に英単語帳の暗記をしようとして英単語帳を片手に席に座っていました (ごめんなさい…)。しかし私はショーが始まると瞬きを忘れるほどショーに 夢中になっていました。Bさんのサッカーの、選手や審判、そしてゴールキー パーまでもその細かい動きを忠実に再現されていました。約1年かけて考え 作ったと聞いて驚きました。素晴らしかったです。Cさんの体の優美さや可愛らしい笑顔はこちらまで笑顔になれるよう な演出でした。そして最後の演目ではAさんの表情や動きからその情景が想像力だけでAさんのまわりに実際にはないものがあるように見 えました。AさんBさんCさんの素晴らしいパントマイム を見て本当に心の底から感動しました。今日を期に私はこの感動を忘れずにそして失敗しても諦めず前に進もうと思います。 … 続きを読む

2015-10-10 09:43 | つれづれなるままに | コメント(2)