採点地獄!!

やっと期末試験のスケジュールをこなしながらの演芸場出演を成し遂げた。(いや、演芸場はまだつづくのだが)。期末試験をつくり、それを提出、監督し、その直後に演芸場出演!!こんな毎日が続いたが、月曜日にようやく早稲田の期末を最後に終えた。しかし、これからがまた採点地獄だ。一クラス55人、30人、そして33人、等等、演芸場の出演時間の合い間を縫って採点を続けている。日本の大学非常勤講師はこういった採点、授業準備などへの給料の考慮がないのが不思議である。アメリカで教えている時は必ず一コマの授業に対し、ある一定の準備時間としての給与が支給されたのである。やはりそういった意味では日本はまだまだだなと思う。 寄席の楽屋は雰囲気が大好きなのであるが、最近は採点していてぎりぎりに入らなくてはならないので大変だ。今、楽屋にいらっしゃる師匠の中にとても陽気な方がいる。身体中の細胞がネタでできているような方だ。もしかしてDNAの塩基の配列がNe,Ta,Ne,Taとかかも知れない(爆) だから楽屋が滅茶苦茶賑やかだ。とても大学の講師控え室と対象てきなので面白い。それにしても大学の控え室の静かな事(苦笑)講師控え室では自分が一人でしゃべっているのだが、いざ楽屋となるとやはりしゃべりのプロの師匠たちなので、それはすごい(笑)こんな落差が大好きなのである。 上野鈴本演芸場、この1月の下席につづいて2月の上席(2月1日~10日、ただし4日はお休み)にも出させていただく。さて、例のオーケストラネタ、そろそろ演芸場でもやってみようかな(笑) 写真は宮崎でのオーケストラ・アンサンブルの指揮をしたカンジヤママイム

2008-01-29 09:17 | ひとりごと | コメント

不思議な縁!?

先日NHKの収録の日、たまたま早稲田で教えているクラスの学生が一人同じNHKスタジオで4月からはじまる新しい英語の語学番組に出演していた。当日スタジオ入りすると、なんと偶然其の彼女のスタジオのすぐ隣に自分の控え室が用意されていた。たまたま其の番組のディレクターの方と御話しをさせていただくチャンスがあった。すると昨日なんと「出演依頼」なるタイトルのメールを頂いたのだ!!えっえっ?早すぎる!どうしたのだろう?NHKの海外向けの教育番組で、日本語学者の金田一秀穂先生の監修のもとにセリフは英語でおこなう国際放送らしい。それにパントマイムのコーナーを入れたいのだという話だ。 急な話ついでに本日二つの大学の補講と試験の後、NHKエデュケーショナルに出向き、いろいろとお話をさせていただいた。 それによると、以前から番組にマイム的な要素を臨んでいたとのこと、まさにそれは偶然の出会い?!だったわけである。いや、担当の方に言わせると天からの掲示?!らしい(笑) 嬉しい話だが、どちらかというと私にとっては同じ天からでも晴天の霹靂、Like a bolt out of the blueといった感じかな(笑)どちらにしても嬉しい霹靂?!だった。 人と人との縁とは本当に面白いものだとつくづく思う。さてさてこの新しい試み、どうなるのだろうか。またまた今までやってきた教育演劇なる学問の実践的なチャレンジを天があたえてくれたのもだと信じて楽しんでみたいと思っている。

2008-01-26 08:49 | 告知 | コメント

ついに噂のしょこたん発見!

いや、なんと忙しい一日だったのだろう。もうクタクタ!!今は夜の12時過ぎだ。でも明日は今度は大学の期末試験があるので今その問題の最終校正をしているところだ。明日は期末試験の直後に鈴本演芸場へと直行する。 それにしても今日は例の噂の?しょこたんをついに目撃した。恥ずかしいが本当にしょこたんを知らなかったのだ。どんな食べ物かと思っていた(お恥ずかしい!)。しかし、学生達にはかなりの人気なのにはビックリだ。しょこたんこと中川翔子さんはなんと「普通の女の子なのだろう」というのが最初の印象だった。まあ、それにしても顔が小さい。まだ自分には彼女がそんなに人気者なのだという実感がないが、何しろ学生の人気がすごいのだ!でも確かに番組の司会としてのしゃべりをみたが、どうやらそれなりに味のある、しっかりしたシャベリをしていた。なかなかそれなりに侮れない子かもしれない。(本当に無知なのです。ファンのみなさん、ごめん)しょこたんにマイムの壁を教えた。まあどのくらい編集されるかは分からないが・・・・ 今日は大学の授業終えてから渋谷のNHKに直行して本番ぎりぎりにスタジオに入ったので本番のマイムは何だか夢中の演技のうちにいつの間にか終わってしまった感じだ。それぞれに本当に面白いピン芸の集まりの特集だった。放送予定日は3月9日だそうだ。 写真は収録語NHKのスタジオの出口にてしょこたんと

2008-01-22 12:15 | ひとりごと | コメント(1)