外交音痴?経済音痴?それとも単なる大嘘つき?

数日前、野田総理がミャンマーに対する円借款5000億円のうち、3000億円を放棄するというニュースが流れた。その少し前、日本はIMFにこれまた600憶ドル(約4兆8000億円)という巨額の資金提供をしている。(因みに米国は提供を拒否した)。そしてこれまた最近、田中防衛大臣によると、米軍のグアム移転費用が倍増され、40億ドル(約3千5百億円)が米国より要求され、政府はこれを唯々諾々とのんだという。これらの(少なくとも一般庶民にとっては)天文学的な金額に只々茫然としてしまうのは自分だけだろうか。そして、これが、一体財政破綻目前という看板を掲げながら国民に消費税増税を要求している政府のやることだろうか? 大体ミャンマー政権にしても、果たして本当の意味で民主化が進んでいると誰が何を基準に判断しているというのか?軍事政権はスーチー女史に対してはいまだに本当の意味で正当な扱いをしてはいない。今後政局はどのように展開するかも分からない状態で、単にミャンマーを近い将来の経済的な市場として「儲けの為に」国民の金をばら撒いているようなものだ!!本当にせこい魂胆が見え見えの軽さにあきれるばかり。 これに追い打ちをかけるように赤坂の議員宿舎はただでさえ格安の家賃をまたまたさらに値下げするという。空いた口がふさがらない。一体どこからこれらの巨額な金を供給できるとおもっているのか。そうでなくても年間12兆円という金が天下りによってむしばまれているとノタマッタのは当の野田総理であった。おいおい、あんたは何十枚舌をもっているのか?それとも財政破綻ってタダの財務省の脅し?増税の為の口実?一体これらのいい加減な政治家に年間払っている給料は総額幾らになるのだろうか?そして果たしてその金額に見合った政治は行われているだろうか?  原発問題もまったく収束すらしていず、ましてや原因究明も手抜きになっている状態での再稼働。正気の沙汰ではない。一体日本はこの異常さからどうやって脱出できるのだろうか?小さい子ども達の将来を思う度に不安は増してくる。

2012-04-24 07:08 | ひとりごと | コメント(2)

日々の雑感

この所毎日がマイム指導と創作準備、および事務雑用の日々を送っている。昨日がNHKの「おかあさん~」のパント!担当のりさお姉さん個人指導、その後早稲田で教え、そして暫らく大学のジムで二時間ワークアウトし、汗びっしょりになり、シャワーの後、夜は早稲田の教員親睦会。その間をぬって携帯をやっと新しい機種に変えられた。 ・・・といってもスマホではない!! スマホは今だ電池が半日しか持たないということで、未完成品と判断した・・・なんてかっこ良い言い訳をしてはいるものの、実は私の目にはスマホは優しくないというのが第一の理由(苦笑)あまりにも画面と文字が小さすぎるのだ(汗)そこで友人の前例にならって一大決断!!携帯を電話として使い(簡単なメールだけを携帯でおこない)その他のネットはipad を携帯するのだ・・・と意気込んで携帯電話をガラケーにしたのだが、なにせ前回使い慣れたものとかなりインターフェイスも操作もずいぶんと異なる。早稲田からの帰りの中央線は携帯との葛藤に終始するものの、電池切れで完敗、終了した。 (一応念の為、ガラケーをご存知無い方の為に:国内で独自の進化を遂げた、つまり、ガラパゴス化した日本独自の携帯電話をガラパゴスケータイ、つまり「ガラケー」というのだそうだ!) 今朝は早くから起きだし、なんとか基本動作だけでもカスタマイズしようと苦労し、なんとか基本的なカスタマイズができあがったのがお昼近く。様々な事務仕事を片付けながら、午後は玉川大学の特別マイムワークショップに出かけた。こうした指導の日々を送っているが、若い人々にマイムの可能性を伝えるのも自分の役割だとつくづく感じた。マイムを習う者たちが大道芸だけに終わってほしくない。マイムにはより大きな可能性があると信じている。それを若い人々に自分らで模索してほしいとおもっている。そう、マイムこそ日本独自のガラパゴス的進化をとげてより魅力的な、教育的な意味合いを持ってほしいと願っている。頑張れガラパント!(笑)

2012-04-20 10:05 | つれづれなるままに | コメント(3)

降れば土砂降り?泣き面に蜂?

最近花粉なのか、それとも細菌のせいなのか咽喉に炎症をおこしている。演芸場後半から少しずつおかしかったのだが、それが最近事にひどくなり、夜になると声が出ずらいくらいになった。そしてここ三日ほど咳込むように・・・そのせいで飲んだ抗ヒスタミン剤の影響か、もしくは単に寝不足の影響か、昨日は一日中、本当に頭がぼーっとしていた。 そしてそのぼーっとした頭でもって様々な事、やるたびに裏目にでた一日だった。散々の目にあったその挙句に大学の授業準備をし、色々な事務仕事をこなして早稲田へ。直前に写真現像を思い出し、USBをコンビニのコピー機に差し込む・・・と、ここまでは良かったのだが、このコピー機が曲者。USBのメモリが大きすぎてかデータを読み切れない。途中で止まってしまったのだ。コンビニの店員に尋ねると、おもむろにキャンセルしたかとおもうとUSBをすっと抜いた!!恐らくこれがいけなかったのだろう、次に訪れた写真屋さんでのコンピュータではすでにそのUSBは反応しなくなっていたのだ!! つまり、中のデータが消えた(汗)それも授業のプレゼンが全て入ったデータも一緒に(涙) 仕方なく、妻に電話し、至急家のパソコンにあるデータをメールに添付してもらい、なんとか授業の途中でプレゼンができたのだが、いやはや、うつろな頭で行動した昨日は他にもいろんなトラブル続き。まさに泣き面に蜂の状態でした!!・・・・こういう時は下手にもがかない方が良いのでしょう。だまって悲惨な運命を客観的に受け流すよう心がけました(苦笑) さてさて、先日お話していました、国立市役所の産業振興課内地域振興科のウェブページのビジテ国立の「くに達人」コーナーにカンジヤマ・マイムが掲載されましたので是非ご覧ください。【くに達人】http://www.vis-kunitachi.jp/kunitatutop/ 後日談:演劇史を教えながら、ギリシャの思想の根本について色々講義中 ”Greek thought is characterized by a tension between belief in human rationality and acknowlegement of life’s unpredictability” (人間の理性判断による合理性と人生の予期しない出来事の狭間での葛藤)と言いながら、まさに上記の一日を振り返りながら深く頷いていました。そうですまさに予期しない非劇は起こるのです(涙、涙、そして涙)

2012-04-17 05:22 | つれづれなるままに | コメント(5)