おと姫さまが見てない隙に!?

シングルDADの生活もどうやら終わりを告げたと思いきや、舞台の旅と大学と深夜の授乳担当(これがなかなかきついんだな~苦笑)の狭間でブログも暫らくの間滞ってしまった。しかし、今更ながらつくづく産後の女性は大変だと思う。深夜だけの授乳を担当しているだけでも一日中が肩こりと睡魔との闘いになる・・・・世の強い母親達に改めて最敬礼!! そんなわけで先週末は朝早くから車を飛ばして一路愛知県は蒲郡へ。途中の東名高速では新鮮な空気に富士山がくっきりそれは美しいフォルムを見せてくれた。現地で仕込み後ふと会館の外をみると、これまたゴージャスな夕日が今まさに沈む瞬間だった。もうこれだけで幸せ!!一日が最高にルンルン気分だった。英語とマイムのショーも上々の出来で、見にいらして下さったお客様にもとてもよい反応を頂いて満足満足。大爆笑とジェスチャーによる英語の大合唱のうちに一時間半はあっという間に過ぎ去った。 ただし、強行軍にてその日中に車を飛ばしながら、(正確にはパートナーに車を運転してもらいながら)自分は助手席で大学の授業準備をする羽目になった。翌日は午後から早稲田の最後の授業二コマ。やっと終わったのもつかの間、期末試験がつづき、そしてその採点。その最中も様々な舞台がつづく。そして深夜の授乳。辛いのだが、いざ我が娘のあどけない乳を飲む姿をみると、何とも言えない悦の境地に浸る。こんな時自分の乳を直接与えられる女性が恨めしいと本気で思う。 シングルDADの成果として4歳の息子との絆が深まったような気がする。あれ以来毎晩自分にお話しをせがんでくるのだ(ウっシッシッシ)必ず浦島太郎をリクエストしてくるので、様々な演出を加えて、語り部の視点を変えながら、ジェスチャーをふんだんに使いながら話してゆく。(ただし、途中で沈没する事もちょくちょくだが・・・・) それに関する最近の発見を一つ。最近息子は母親にしきりに空箱を持たせて、「ねえ、帰りたい!!」って言って!!とせがみ、すると「それではこの玉手箱をあげましょう」といって空箱を指さす息子。問題はその後なのだが、玉手箱は絶対に開けてはいけないんだよね?!!と言いつつ。「ねえ、ママ、竜宮城から陸に戻ったら誰も知っている人いなかったでしょ?だから今なら玉手箱開けてもいいからね!!」と得意げな笑みを浮かべていた。・・・・・・さて、皆さんお分かりでしょうか?つまり、息子は、浦島太郎が玉手箱を開けたのは、住み慣れた土地に戻ったにも関わらず知らない人ばかりだったという事に鑑みて、「知らない人だから、玉手箱を開けてもおと姫さまに言いつけられない」と思って玉手箱を開けたのだとてっきり解釈していたらしく・・・・汗・・・・どうにも、いやはや・・・・そういう解釈もあったかと・・・・・実に・・・・・そういえば、親に見られない所でお菓子口にいれてたっけ・・・汗・・・苦笑 写真は東名高速からの富士山と蒲郡で見た夕日

2010-01-21 09:16 | つれづれなるままに | コメント

千秋楽と日常回帰

鈴本演芸場、初席の千秋楽は立ち見もままならないくらいの超満員のお客様で幕を閉じた。おそらく普段あまり寄席に出る事のない笑点の菊扇師匠達が顔を連ねているのもあるのだろう。それにしても贅沢なプログラムだった。気持ちの良い終わり方だった。終演後すぐに病院へ駆けつけ、生後4日目の娘の顔をみる。小さいくせに凄い食欲らしいし、また寝ぞうの悪さには看護師さんたちが爆笑したともきいた(苦笑)どんな女の子になるのか少々不安(汗) 私生活の方も妻の母が応援に神戸からかけつけてくださり、なんとか怒涛の父子家庭状態を脱し、自分の仕事に専念できるようになった。明日からまた通常どおり大学の講義やら旅公演が始まる。家族が一人増えたのが励みになるのだが、身体芸人としては一抹の不安もなきにしもあらず(苦笑)。どのように上手に芸をからしてゆくのか・・・・課題だ。 最近年末年始は歴史関係の本をよく読んでいるが、やはり人間の歴史はエゴとその正当化でしかないのか。歴史を紐解くたびにわが人類の業の深さを感じる。中東問題をはじめ、アメリカの介入する戦争は正義という面をかぶった強欲の悪魔でしかない。オバマは今後どのようにこの問題に接してゆくのか。彼自身がユダヤ資本にバックアップされている限りかなりの制限があるはずだ。所詮政治とは正義の追求ではなく、自己正当化の力の力学なのか。それにしても何のプリンシプルもなくその場しのぎで無能な政治家によって日本の国民の税金が今までにどれほどこの戦争に使われてきたことか。溜息

2010-01-11 08:49 | つれづれなるままに | コメント(2)

シングルDad奮戦記!!

カレン誕生翌日から戦いが始まった!病院から早朝4歳の息子をつれて帰宅、すぐに息子にご飯を作って食べさせ、保育園へ送る。その後息子の汚した下着などをもみ洗いしながらその他たまった洗濯をし、舞台の事務仕事と大学の学生のプレゼン内容の校正を終わらせ、昼から大学へ! 1時~5時までクラス教えてその後、上野へ移動、鈴本の楽屋で夕食をほおばり、7時からの鈴本演芸場終演後ダッシュで浅草演芸ホールへ代演出演。8時半すぎに舞台終え、汗も拭かずに電車に飛び乗り、中央線で居眠りしながら西国へ。息子を保育園から預かってくれた友人から息子を引き取り、病院へ直行!! 病院の個室で息子を風呂に入れ、歯磨きし、そのまま車で帰宅。雑務を終わらせ、子どもを寝かしつけようとするが息子は私の浦島太郎の物語をせがむ。憔悴しきって意識朦朧とした語り部は何度もお話の最中にいびきとともに竜宮城へいってしまい、お話が中断。そのたびに息子にせがまれながら奮闘、いつしか気を失うようにダウンしていた(苦笑)。くそー、いつかこのテーマでマイムつくるぞ~(笑) 今もこれを書き終えたらすぐに朝食作りだ。まあ、幸せな悩みといえばそれまでだが・・・・だが、しかし、同時に本当に父子家庭、母子家庭の皆さんの大変さを身にしみて感じる今日この頃だ。これがずっと続くと想像したら本当にやりきれない思いがする。裕福で一生このような体験をすることのない政治家の皆様には恐らくこういった苦労は到底理解できないだろうな~。その上母子家庭のほとんどは明日の生活も不安な低収入の方も多いと聞いている。大変な体力消耗の上の生活不安。そしてそれが理解できない政治家。ん~なんだかやりきれないな。 おかげ様で娘は順調にそだっているようです。藤倉かれん;この世に生まれて二日です。

2010-01-08 07:23 | ひとりごと | コメント(3)