沙翁三昧

先日の表現教育指導者セミナーの終盤の質疑応答の時間に於いて、逍遥のシェイクスピア訳に関連した質問があった。とにかく逍遥は翻訳の際、その言葉を使う人物の社会的地位、身分などに非常にこだわったのだそうだ。そのおかげでついつい訳された言葉が劇中では固くなりすぎる傾向があった。実はこの傾向が逍遥自ら創作した児童劇にも如実に表れているのも事実なのだが・・・・ こんな話をするうちに、それに関連してシェイクスピアの話題になったのですが、実はこのシェイクスピア、日本語では沙翁と呼ばれる事もある。逍遥はよくこのようにシェイクスピアを呼んでいた。そして英語では大文字で ‘the Bard’ (詩人)というと、シェークスピアのことを指します。’The Bard of Avon’「エイヴォンの詩人」(シェイクスピアの故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンという地名から)とも言われます。 今日鈴本演芸場の楽屋にて、ある噺家さんが話していらしたのだが、今話題の中島何某のお笑いチーム、オセロも実はシェイクスピアの白黒からきているとか。2人が色黒・色白と対照的だったのでそう呼ばれたのがきっかけとか・・・・もっとも日本で生まれたオセロゲームも、白と黒がせめぎ合うというアイディアから来ており、考案者の父親が元茨城大学名誉教授でシェイクスピア文学研究家だった為にその名がつけられたという話を聞いた事がある。因みにこのオセロというゲームはなんと1971年に考案された意外と最近のゲームだそうだ。 とにかく、この沙翁、相当英語が分かる人でも全て理解するのは難しい。入り組んだ言葉のアヤ、韻、比喩、これらを全て解釈しながら劇を追える人はそうはいないはずだ。だからついついその解説をしているとシェイクスピアが難しく、そして退屈に思えてしまう傾向がある。本当は大衆演劇のように、一般庶民に楽しまれていたはずの沙翁は、いつの時からか、ハイカルチャのカルチュラルアイコン(文化的象徴)として、高尚な文学の代名詞のように扱われ始める。 実はエリザベス朝演劇にはさきがける様々な地ならし的な時代があり、それが土台となって沙翁が登場するのだ。ルネッサンス初期におけるイギリスの大学での演劇ブーム。ヒューマニスト達がオックスフォードやケンブリッジで古代ギリシャやローマの演劇を利用しながらヒューマニズムを教え始めると、たちまちロンドンの大学は演劇ブーム到来となる。そして学生時代をそのブームの中で様々な実験を経験しながら劇作をおこなっていた学生達が卒業後プロの劇団の為に台本を書き始める。これらが一般的にユニバーシティー・ウィッツ(大学才人)と呼ばれる一連の劇作家達なのだが、彼らが実験的に手掛けた様々な手法がのちのシェークスピアによって集大成されるのだ。例えばトマス・キッドによるスペインの悲劇(1587)などを見ると、その原型は確実にローマのセネカの悲劇にならって様々なお定まりの要素を入れ込んでいる。つまり、復讐劇の中に、知られざる計画殺人、亡霊、偽りの狂気、劇中劇、などなどのちのハムレットに使われる技法が盛りだくさん!!シェークスピアはこれらの技法を再構築し、さらに効果的に作り上げたらしいのだ。タイミングも才能のうちだと言う人がいるが確かにシェイクスピアのロンドン時代はこういったアイディアがそこいらじゅうに散らばっていた時代だったのだろう。 実を言うと自分は実はこの沙翁にコンプレックスを持つ一人なのだ(苦笑)。博士課程の履修科目で最終学期まで全てオールAという成績できたのだが、最後の学期にこのシェイクスピアセミナーを履修し、唯一ABという成績をくらってしまった・・・・涙。(ってこれって自慢に聞こえるかな?爆) とにかくこの時代の英語は日本人には手ごわい。そしてユーモアのセンスも手ごわい。これを一般向けに砕けて、なおかつリズミカルに翻訳した小田島先生は天才だと思う。今寄席に出演の前後の電車内では沙翁三昧の日々を過ごしている。寄席で思いっきり馬鹿やったあとに読む沙翁はまた格段に味わい深いのだ(笑)。

2012-02-28 12:00 | ひとりごと | コメント(1)

表現教育指導者養成セミナー

今日は午前中NHK関係の仕事をし、夜は代々木オリンピックセンターにて「表現教育指導者養成セミナー」なる集まりにお招き頂き、講演をした。公演ではなく、口頭での講演。しかも、自分の博士論文の内容について語ってほしいというリクエストで、坪内逍遥の児童劇論の背景についての、かなりマニアックな(博士論文とはそういう物が多いのです)内容について語ることになった。果たして聞き手である、受講者のみなさんがどれほどこのトピックに興味をもってくださるかが不安だった。準備もかなり前夜から睡眠時間を割いてしたのだが、結局話がはじまると、ついつい芸人のサガで、余計な回り道をしてなんとか聞き手の興味をもたせようとしてしまう。結果予定していた半分も話せないまま時間がきてしまった。今までこの話題は全て英語で論文を書き、英語で講演をしてきたのだが、やはり日本語となると、いきおいエンターテイメントとしてのサービスが優先されてしまう。 反応は意外にも面白かった(苦笑)という方々が多く、一安心。まあ、正直いって、自分は最初、博士課程などという別世界に足を踏み入れて、少々後悔する時期もあったのだが、知らないうちに様々な思いもよらない発見をしてゆき、深みにどんどんハマってしまったのだ。マニアックというわれようが、ストイックといわれようが、徹底した検証を行った結果、本当に日本ではまだ言及されていない新事実がかなり見つかったのも事実。だが、2008年にアメリカ教育演劇協会で賞を受賞してから、せいぜい大学の紀要に出版するぐらいで、さほど再考も検証もしていなかった。しかし、やはり苦労して書いた論文には愛着がある。話していてやはり楽しいのだ。次々に余計な話題に言及してしまう。あっという間の二時間だった。こんなチャンスを下さった玉川大学の太宰教授に感謝。 今日は帰りの中央線、最終電車、乗り越しが怖くて席に座れなかった(苦笑)

2012-02-21 03:01 | つれづれなるままに | コメント(2)

バレンタイン

最近息子の機嫌が良い。妻に訊ねたら原因があったのだ。少々遅ればせながら、今年のバレンタインは息子にとって特別な日だったらしい。なんと憧れの女の子から手作りのチョコレートをもらってしまったのだから、かなりの勢いで舞い上がっていた(笑) 保育園で毎日顔を合わせているくせに、「一緒にいると恥ずかしくなっちゃうんだ!」って・・・おい、君はまだ6歳だろ!(苦笑) そんな彼には今ライバルがいるらしい。R君という男の子で、実はこの子、足も速くてかなり人気もあるらしいのだ。そしてその女の子はそのR君が一番で、息子を二番目に好きだというのだ。 おいおい、ナンバー2かよ(涙) そこで息子が考えたのが、ある作戦。 これは私と買い物にいった時に車の助手席でこっそり教えてくれた秘策だ。息子のアイディアとは、そのR君が保育園をお休みした時に、そのチャンスを狙って女の子にそっとお話しをするというのだ。「R君のお爪はのびていて汚いよ。でも僕の爪は、ホラちゃんと切ってあって綺麗でしょ。だから僕と結婚した方がいいと思うよ!!」(笑) つまり彼にとっての「良い男」とは爪を手入れしている人らしいのだ。ん~~誰が吹き込んだのだ?(爆) しかし、アメリカ人の友人に言わせると、これは重大な問題だという。彼も保育園の時、いつも誰と結婚するか悩んだというのだ(爆) 先日保育園でその子を見かけたのだが、これが中々可愛いかったのだ(爆) そして結局その子は息子だけにチョコをくれたというのだから、これ、飛び跳ねたくなり、はじけてしまう気持ちはよくよくわかる気がする。頑張れ我が息子よ!!人生負けと分かっていても戦わねばならない時がある。そして負てしまうのでは?という恐怖を受け入れて己に勝てば微かな希望が見え始める事がある!!Go for broke なのだ。

2012-02-18 04:03 | つれづれなるままに | コメント(1)