都の西北~にて

昨日はカンジヤマBは国立市民芸術小ホールにてワークショップを教え、私Aは午前中からNHKの収録へ向かった。途中、国立を終わらせたBにNHKで交代し、午後三時から早稲田大学の卒業式に出席。本来は私は非常勤講師の為出席はしないのだが、今年は例外的にゼミを一年間教えた学生達が卒業という事で出席した。実は私は学士、修士、博士とアメリカの大学にて卒業式を迎えた為、なんと今回は自分にとっても初めての日本の大学の卒業式体験だったのだ。但し、大きなオーデトリアムを持ち、全校で一斉にやるアメリカ式の卒業式とは違い、大隈講堂での学部別の卒業式の為、その規模は極めて小さい。(全体の式もあるそうだが出席はしなかった)。 全て英語の祝辞スピーチの後、成績優秀者が9人表彰されたが、その多くは外国人学生だったというのが印象に残った。我が国際教養学部は様々な国籍の人間が集まってはいるが、それでもやはりマジョリティーは日本人の帰国子女なのだ。それに西洋人もいる。だが、優秀者はほとんどが韓国、中国、あるいはその他のアジアの国の学生だったのだ。ん~~、これって・・・・ 最後には応援団がその統制された身振りと喋りで会場を沸かせてくれた。応援歌から校歌まで、応援団とチェアリーダー達と共に合唱した。実は私、その昔、六大学野球が大好きで、六大学野校歌と応援歌を全て憶えているのです(苦笑)それで、最後の校歌「都の西北」の際には感極まって大声で歌ってしまったのでした(笑)そして卒業式の案内に目をやって再び感動した。今までこの歌の作詞、相馬御風と作曲の東儀鉄笛しか知らなかっただが、なんと校閲として坪内逍遥と書かれていたのだ!!まあ、それはそうだろう。この作詞、作曲の両者ともに坪内の門下のような人物であり、東儀鉄笛などは坪内の組織した日本最初の独立劇場である、文芸協会の最初のメンバーの一人なのだから。 大隈講堂の前で沢山の教え子と写真を撮った。沢山の教え子、一人一人に様々な思い出がある。様々な生き方がある。楽しみだな~~

2012-03-27 06:12 | 学位 | コメント(4)

HTY

昨日は朝からHTY(ホノルル児童劇団)の新作May day is Lei day! の初日を見た。小学生低学年対象の作品が幕を開けてからその子供達の反応によってどんどん変化してゆくのは当たり前の事で、それを見るのが楽しい。昨日も色々な予期せぬ子供たちの反応やら行動があり、公演後も演出家のエリックと色々な話をし、対策を練った。その夜、役者のアルヴィンとエリックがホテルに会いにきてくれた。深夜まで近くのホテルのバーで互いの経歴やら今後のコラボの可能性などを話し合い、刺激的な時間を過ごした。なんと演出家のエリック・ジョンソンなる人物はかなりマイムの仲間と行動を共にしており、スペインでは有名なマイムグループ、エルトリシクレと活動し、そして友人にはその昔、七人の侍を三人で全編マイムで演じていた「ムービングピクチャーマイム」というグループのメンバーがいて、マイムの話に花が咲いた。その上、私の師匠が始めたメーン州の演劇訓練学校、サラブレーション・シアターにてクラウン、アバナーにも師事していたという入れ込み具合であった。話はみるみるうちに創作方法から即興訓練その他広範囲にわたり、時間を忘れて語り合った。 今朝は、再び早朝からダイヤモンドヘッドを一周してホテルまでの10kmを走り込んだ。そして最後の一日を無事に終え、明日ホノルルより帰国予定。一週間があっという間だった。体調は万全、そして様々な刺激を得て、勉強できたうえに、将来の様々な可能性が見えてきた。これからまたセシウム漏れが収まっていない国に帰らなければならないのが不安だ。思いっきり走り込むのも、風向きを考えたり、場所を選んだりしなくてはならない。こんな異常な状態の国はこれからどこへいくのだろうか. (写真はエリック、アルビンと共にワイキキのホテルのバーにて)

2012-03-21 05:54 | つれづれなるままに | コメント

バーンズ・アンド・ノーブルにて

こちらで児童劇三昧の日々。その土地によって様々なローカル色が見られて楽しい。また刺激にもなる。今日はまたHTY(ホノルル児童劇団)の新作を見にゆく予定。 昨日は久々にアラモアナショッピングセンター内の本屋さんで時間を過ごした。Barnes &Noble は今やBoarders Books を吸収し独占状態だ。それにしてもやはりネット上で本を検索するよりもずっとワクワクする。面白い本を見つけたら片っ端から目次に目を通し、そしてざっと全体に目を通すとその本の味を想像でき、ネットではできない「ブックサーフィン」なるものができる。 そういえばもう十五年くらい前になるだろうか。ユーガッタメールという映画が流行った事があった。メグ・ライアンとトム・ハンクスのAOLメールを介した恋愛コメディーだったが、これに伏線として出てきた問題の一つが、このような大型書店の進出による、個人の専門的な本屋さんの衰退だったのを思い出す。メグライアン演じる女性が母親から継いで経営する児童書専門の小さな店がトムハンクスの大型書店に淘汰されてゆく風景を背景に添えていた。 確かに専門書店というのは必要な気がする。ネットで買えば買えるのだろうが、専門書をこのようにブックサーフィンする楽しみが最近なくなった。昨日もBarnes and Noble でも専門書はほとんど見られず、一般書が主にならんでいる。特に演劇関係は品薄状態。 例えば児童書の中にはたくさんのビジュアル資料を添えて優しく解説している項目別の図鑑集などがあるが、これが意外と大学の授業に役に立つのだ。例えばシェークスピアの時代には十代の男の子たちがほとんどの女性役をやっていたのだが(イギリスの公的な舞台に女優が出現するのが王政復古以後、つまり166o年以後),ある児童書にその十代の男の子がどのように女装しただろうかが見事に視覚的に解説されている。これを授業で見せると学生たちは結構面白がって興味を示すのだ。 そういえば、その昔ニューヨークでの楽しみの一つがDrama Bookshop やApplause といった演劇書専門店にて一日中時間を過ごしながら沢山の本に目を通し、一日の終わりには両手にズシリと沢山の本が入った袋をもって店を出る事だった。しかし、ネットの影響でそれらの専門書店も内容が品薄になってしまっている。 そういえば昨日気がついたのだが、タイタニック号の事件から100年という事で店先にはタイタニック号にかんする特集の展示が沢山なされており、大人向けから子供むけの写真集や絵本などがそこいらじゅうに展示されていた。こういう風に時節柄の話題を肌で感じるのも本屋さんに行く楽しみだ。そういえば最近神田の三省堂っていってないな~ (写真はHTYの劇場にスクールバスで乗り入れる小学校の子ども達)

2012-03-20 02:22 | つれづれなるままに | コメント(1)