岡山から大阪へ

            岡山県は新見市にやってきた。新緑が眩しい穏やかな陽だまりの中、公演前の昼食を会館の屋外のテラスで頂いた。新緑に身を包んだ山々が真っ青な空に映えて最高の至福感を味わった。これが幸せ、人生のクリスタルモメントとでも言おうか。ただ、そこにいる、今この瞬間が幸せなのだ。こんな最高の天気、季節、そして風景の中で食べる食事は、何十万円する最高級グルメよりも美味なものだった。 案の定、これだけの至福感に浸った後の公演は自然と力が程良く入り、初めてパントマイムを目にする高校生たちから満場の笑いと拍手を頂いた。終演後校長先生たちが直ぐさま舞台に駆けつけて下さり、その感動のお言葉を直にいただくことができた事も幸せの極みだ。疲れが吹き飛ぶ。終演後、スタッフを帰し、一人、岡山から新幹線で大阪へ向かう。 翌日、25日は先日の教育工学会でお会いした関西大学の久保田教授にお誘いをいただき、関西大学情報学部にてマイムのワークショップを行った。初めて関西大学を訪れたが、そのキャンパスの広大さ、美しさには驚いた。圧巻は学食のテラスからの展望!なんという贅沢なテラスだろうか。久保田先生にキャンパスツアーをしていただき、その充実した施設にこれまた感動。幸せな学生たちだ。 ちょうど同じ日の午前中NHKテレビで現在の日本の就学児の6人に一人が貧困家庭に育っているという事実を報道していた。せめて教育の機会だけでも平等に受けられる社会が欲しい。いや、そうなるように何かしなければと思った。 (写真は新見駅前と「まなび広場にいみ」のテラスでくつろぐカンジヤマA)

2013-05-26 12:23 | つれづれなるままに | コメント(5)

川柳の力!

自分は以前から「マイムとは身体動作による川柳」であり、「川柳は言葉のマイムである」と公言していた。(但し、自分は言葉のマイムに於いては全く才能がない事を自覚している!涙) そしてこの言葉のマイムの本当の威力を最近思い知らされることになった。 母親が米寿を迎え、昨今身体の節々の痛みやら高血圧、そして短期記憶の衰退に悩まされており、自信を失いつつ、次第に愚痴と寝込みの憂鬱な日々が続くようになった。息子として何をどうしたらよいのか随分努力はしてきたつもりなのだが、中々効果は見られない。元気な年下の人間からの励ましの言葉には苦しみに対する現実感は無く、慰めの力はないのだろう。そんな母親が最近かなり機嫌が良くなったのに気づいたのだ。聞くと友人に勧められた川柳の本「シルバー川柳」なるものを読み始めたことに因るらしいのだ。 「ちょっと、ちょっと面白いから聞いてご覧なさいよ!近所のご夫婦も読んで自分の事だと笑い転げていたらしいわよ!」と電話口にその本を持ってきては、お気に入りの川柳を得意げに読み上げ、そしてゲラゲラと笑っている母親。そんな母親は久しぶりだった。嬉しいのと同時に、これはすごい威力だ!と感動した。つまり加齢、老いを自嘲しながらも、その笑いには「私だけじゃなかったんだ!、そうか皆お年寄りは自分と同じ経験しながら、それを笑いにも転換できたんだ!」という発想が湧いているに違いない。そしてそれが勇気となっているのだろう。それが証拠に、母親は家に来るお客さんには毎回それを読みながら一緒に笑い転げ、そして親類の家々には「面白いから!」といってその本をプレゼントしまくっているのだ(苦笑) 聞いてみるとなかなか鋭い句もたくさんある。「起きたけど、寝るまでとくに用事なし」、「デジカメはどんな亀かと祖母がきく」、「LED使い切るまでない寿命」、「なぁ、お前 履いてるパンツ俺のだが・・・」、「お迎えは どこから来るのと 孫が聞く」・・・ 母親も父親が生前風呂に入っていたときの事を思い出し、笑いながら読む。「湯加減をしょっちゅう聞くな ワシャ無事だ」(苦笑) そして中には私の年代にも既に通用するような句も・・・「万歩計、半分以上は探し物」 「笑い」という処方箋は医者ではあまりくれそうにない。そして西洋医学の薬には必ず副作用があるという。だとしたらまさしく川柳は副作用のない安全かつ優れた老いの憂鬱に対する民間療法ではないだろうか?こんなマイムをやってみたい。  

2013-05-22 09:39 | ひとりごと | コメント(9)

超!エンタメ教育評論 発信!

皆さんは「お笑い教師同盟」なるグループをご存知でしょうか?「教室に笑いを」、「教育はエンターテイメントである」と、こんな素敵なテーマのもとに緩やかな繋がりをウェブ上で展開しているユニークな組織です。それぞれが考案したり入手したネタ、メソッド、その他の情報をもち合い、共有して、切磋琢磨できる素敵な仲間たちです。私自身も約6年前、テレビのニュースの特集でその存在を知り、メンバーに加えさせて頂きました。そして今回このグループがまたまた面白い、刺激的な「エンターテイメントとしての教育」に関するメルマガを開始しました。私も執筆者の末席に加えさせていただき、これから面白い記事をたくさん書いてゆこうと思っております。何しろこのメルマガのメンバー構成は、小学校教師から、お笑い芸人、大学教授、そしてライター、などなど様々な異分野からなり、それぞれの視点を持ち寄るすごい集団です。刺激的なこと間違いなし!!ぜひ皆さんも下記のサイトで登録して読んでみてください。 http://www.mag2.com/m/0001598880.html

2013-05-04 06:30 | つれづれなるままに | コメント