芸術とは?! 現代マイムとは?

先日大学の芸術教育の授業にて『陽の当たる教室(原題Mr. Holland’s Opus)』を学生とともに久々に鑑賞した。あらためて涙ぼろぼろ!!苦笑 というのも世代的な背景を自分が自ら生きてきた事もあるのだろう。1980年ジョンレノンが射殺されたとき、自分はある緊急の用事での帰国のため、マンハッタンを汗びっしょりで走りつづけていた。そして82年レーガン政権が教育の予算削減を実行したことにより、ニューヨーク州立大学を卒業後、すでに進学がきまっていたワシントン大学のcreative dramaticsという学科のMFAプログラム自体が閉鎖されるという信じられない事が起きたのだ。すでに入学が決まっており出国の準備に取り掛かっていた自分に学科閉鎖の知らせの手紙が届いたときは目の前が真っ暗になった。所詮芸術というのは映画でも語られているとおり、予算削減の際には一番弱い立場にある。 そしてやはり、今回もこの映画で一番強烈だったことは、音楽教師の息子が聾唖者であり、やがてこの親子はそれをあえて音楽により乗り越えて行くことであった。これを見ているとき自分の頭の中をよぎっていたアンドレ・ジイドの言葉があった。「芸術は束縛から生まれ、闘争によって生き、自由によって死するのである」という。芸術が芸術であるという証は様々な制約、拘束への途絶えることのないチャレンジによって生まれ育ってゆくものだということをまさに言い表している。 拙著、『おしゃべりなパントマイム』の第十五刷りのあとがきでも触れたのだが、現代の世の中においてマイムは多分に生きずらい存在となっている。マルセル・マルソーが生前発した言葉だが、彼は現代社会における人間の身体の動きの極端な減少を指摘して、「現代社会はマイム芸で模写しづらくなってきている」と嘆きにも似た発言をかつてしたそうだ。たしかに一昔前、それぞれの職業はその特徴的な動きを確実にもっており、子ども達も身体を動かしまわり、マイム芸にとってこれらは最適な模写対象でありました。しかし、現代社会を見渡すとき、子ども達は一様に小さなデジタル機器のモニターの中でかくれんぼをし、大人達にしてもPCのモニターの中の数字や画像のやりとりでその仕事が処理されつつあります。これらをマイムはどのように処理してドラマチックなグラフィックを舞台上に展開できるのだろうか。まさに今これがマイムへのチャレンジとして立ちはだかる『束縛』であり、『制約』である。 動きの極端にすくなくなった新しい時代における、新しい切り口を模索するチャレンジは今まさに大きくマイムたちの前に立ちはだかっているのではないだろうか。が、しかしこの大いなる壁を乗り越えたところに、乗り越えたものでしか味わうことのできない物が待っているのかも知れない。

2007-10-19 10:54 | ひとりごと | コメント

小学校にて

昨日は朝6時からの仕込みで神奈川県相模原市の某小学校にて芸術鑑賞会を2ステージおこなった。低学年、高学年と分けて、それぞれ内容をかえ、高学年にはあえて高度なマイムに挑戦してもらった。もちろん全ての子どもらに理解できる作品ではない。しかしまた多くの子ども達の感性には何かを訴えられるはずだ。そう信じてはいるが、やはりこういった試みは先生の理解がなくては出来ない事だ。幸いにも昨日はとても理解のある、そして前向きにいろいろな試みを受け入れてくださる素敵な先生方であった。 何かを理解ではなく感性で感じる、これが鑑賞の第一歩だとおもう。そしてこういった経験を重ねる事により、子ども達の心は豊かになっていくのだと信じている。IQではない、感性をみがくという場が学校でないがしろにされがちであるように思われて仕方ない。 自分が大好きな言葉がある。確かイギリスの言葉だとおもう、そして必ずしも正確には覚えていないが、『子どもたちに航海術を教えるには、細かい理屈はいらない、大海の素晴らしさを見せて、そして感じさせてあげなさい、そうすれば彼らは自然と海へ漕ぎ出したくなり、自らその方法を模索し始める』 教育学のエッセンスがこの言葉に凝縮されているような気がする。こんなマイムが舞台で出来るようにカンジヤマはいつも頑張っているつもりだ。もっともっと多くの子ども達に創造の素晴らしさ、そして身体の無限の可能性を見せてあげたい。

2007-10-13 09:19 | 公演 | コメント

国立演芸場にて

11日国立初日、早稲田にて演劇史の授業を終わらせた直後に地下鉄東西線早稲田駅へダッシュ!!早稲田より九段下経由で半蔵門線にて半蔵門へ、それも地下鉄乗るたびに最後尾より先頭車両への移動をおこないながら出番ぎりぎりに国立の楽屋へ!!汗びっしょり。そして息つく暇もなく舞台。お客様は薄かったが、本当によいお客さんだった。それにしても、英語で90分の講義をし続けた後の演芸場での話芸はかなりつらいものがある。脳が疲れに疲れている。汗 トリの志ん輔師匠の『子は鎹(かすがい)』を袖で聞きながら大泣きしてしまった!!本当にこの師匠のこのネタは素晴らしい!!絶品なのだ!以前永住亭(永さんのご実家)でこの噺を初めて聞いたときこう思ったのを覚えている「もし、自分が18歳でマルソーのマイムに出会う前に、師匠のこのネタを聞いていたら、おそらく自分は今マイムではなく、噺家になっていたに違いない!!」と・・・・・そのくらいのインパクトがあったのだ!! 友人のダルマ森が客席にいた。彼らとその後食事したが、ダルマ森にもいろいろ学ばせてもらった。本当にいい仲間に恵まれていると思う今日この頃なのだ。

2007-10-12 08:50 | ひとりごと | コメント