足場づくりでお手伝い!−スカフォールディングについてー

ヴィゴツキーという学者が提唱した最近接発達領域(Zone of proximal development)という考え方がある。自分が初めてこの考え方に触れたのは博士過程の一年目の夏に心理学の集中講義を連続して受けた時だった。このとき自分の脳裏では私のマイムの師匠、モンタナロ氏の舞台上での演出的行為と重なって見える思いがしそして興奮したものだった。 まずは最近接発達領域だが、これは一般的に定義されているのは「学習者が一人でできることと、自分より有能な他者の手を借りればできることとの間の領域」のことを指しており、「有能な他者がうまく学習者の「足場をつくってやる=支援(scaffolding)」することで、その領域は縮まる」という事である。つまり学習者をそのまま放り出しておいて何のケアもなかったら、その学習者の本来の可能性(ポテンシャル)は育たずに終わってしまう事が多い。その学習者のレベルに合わせた適切な支援を適時に施してやり、その支援が必要なくなったときには自らの足で立たせてみるという、こうした交互の適度のバランスによる指導によりその学習者のポテンシャルが最大限に開発されるという事だ。 ほったらかしにされる・・・これは従来のマイムの舞台では顕著にみられた傾向であった。観客がどんな層であれ、どんな文化的背景であれ、どのようなタイミングで客席にいるかを問わず、マルソーの構築した「ユニークなタイトル表示のあとの沈黙の芸」・・・「後は一切想像しなさい」・・・これがマイム公演の定番であった。これが好きな客層にはたまらないくらいの知的創造力が喚起されるのだが、日本の伝統的文化背景やら、子どもの観客の年齢層、その他の条件によっては、このようなマイムは非常に難解でそして冷たい芸術として映る。なかなかなじめない、入り込めない。そんなイメージが日本であったのは事実だ。ところが自分が80年代に初めて渡米し、師匠のマイムの進行をみるとこの既成概念が見事に打ち破られていたのだった。最初に開演前にモンタナロ氏は必ずざっくぱらんに舞台に顔を出す。そして世間話から始まり、徐々にマイムのデモンストレーションを初め、グイグイ観客をその世界に引き込んでゆくのであった。一つ一つの作品の前に適切なスカフォールディングを行い、客が何を知っている事により、より想像力を喚起できるかを事細かにその話題にとりいれるのだった。だが、この魅力が何なのだろうと常に思ってはいたが別に分析する意志もなく、長年師事していたのだった。 ある日自分のバイオリン弾きという作品を舞台で師匠に見て頂いた後で批評を頂いたときに、以上の事がはっきり自分の理解として咀嚼され吸収されたのだった。師匠にとってはこの作品を子どもの前で演じるときに、仮面を独立させて想像させよとのことだった。この作品の最重要要素として「仮面」というマイムのテクニックがある。この仮面が理解できないとこの作品は満喫できない。この仮面というのは両手を仮面の形に固定して顔面に当て、そしてすばやくその手の裏で顔の表情を変えて固定し、手を離すと仮面をかぶったような錯覚を見せられる。大人ならばある程度わかるのだが、子ども、特に小さな子ども達にはこれがどのくらい仮面としてはっきり理解されるのかが問題なのだ。 そしてこの仮面が理解されなかったり、理解しようと色々「これは果たして仮面なのだろうか、それとも何か他のものか」という自問を作品の最中に観客がくりかえしていたりすると、マイムの全体の作品としての効果が鈍ってしまうのだ。つまりジェスチャーゲームのごとき推測ゲームとして終始してしまう。まさに「木を見て森を見ず』の世界・・・・これが従来のマイムの陥りやすいトラップであった。 そこでこの作品をやる前に私は必ずパートナー、あるいは自分で何気ない話題から初めて、徐々に思いで話などの中に「お面の思い出」という逸話を挿入し、ここで子どもたちにお面というマイム的行為のゲッシングゲーム(推測ゲーム)をやってもらってしまう。つまりここで仮面のテクニックを既に紹介してしまう事によって、次にくる作品の中の仮面を容易に受け入れ、その背後にあるより重要なコンテクスト(作品の文脈)を自然に追う事が出来るようになるのだ。ここにはすでに余分な想像ジェスチャーゲームの要素はなく、適所適所で子どもたちは自らの想像力にチャレンジを促される。 このような行為を舞台で行うようになってから、容易に大人用の作品を子どもにも見せられるようになったのだ。つまり子どもは文脈上それほど推測に時間をかけてほしくない箇所にはすでにその知識を持ち、適切な重要な場所ではそれ相応の知的チャレンジを受ける事ができるのだ。 もっともこのテクニックを最初にアメリカから帰国後見せ付けられたのが実に永六輔師匠の話芸であった。永さんの話芸は必ずこのテクニックが使用されていた。永さんの紹介する芸人さん達の、時に難解な内容も、一般的にいったら年齢層が合わないような内容も、必ず永さんのスカフォールディングがあると、観客のポテンシャルは最大限に引き出されるのだった。話しながら観客の層を読み、そしてその必要最低限のコーチングを施す。まさに落語における「まくら」の中の重要要素でもある。もっともこのような理屈抜きで噺家さんたちは肌でこのテクニックの必要性を感じ、経験によって習得しているのだろう。恐るべし話芸の達人も使っていたこのテクニック − スカフォールディング=足場づくりだ。

2010-07-26 06:32 | つれづれなるままに | コメント(2)

親子で楽しめたかな?

国立演芸場特別企画、「親子で楽しむ演芸会」が無事終了した。まだお客様のアンケートを拝見していないので確実な反応は分析できていないが、自分としてはかなり満足している。帰り際にかなり多くの親子連れに声をかけていただいた。それにしても普段は見られない演芸場での各自の自主的時間調整が行われた。トリの林家たい平師匠が次の仕事場へ時間ぎりぎりということと、各演目の間での司会進行があるという条件で演者さん達の間の微妙な時間調整が行われた。我々カンジヤマも一つの作品を出番直前に割愛し、お仲入り(休憩)への入りを調整。演芸場経験の浅い弟子のカンジヤマCは今までに無い即興的な対応におどおどしながらも立派にその役割を果たしてくれた。 途中いくらかのマイナーなハプニングはあったものの全体的には及第点だと自負している。(もちろん反省点は多いが)。これからどんどんこういった、ただ単に観るだけで無い教育的な付加価値をもったショーを出来る限り多様な場所に提案してゆきたいと思っている。 しかし、それにしても驚いたのが舞台のお手伝いをして頂いた出演者の一人である、春風亭正太郎さんとのご縁。私はこの噺家さんを前々からかなり才能ある方だと思っていたのだが、実は昨日初めて知った事実に驚いた。随分昔になるのだが、20年近く前、カンジヤママイムは世田谷区深沢にある東京学芸大学附属小学校PTA主催による芸術鑑賞会にご依頼を頂き、公演させて頂いた事がある。なんとそれを10歳の正太郎少年がご家族でご覧になっていたというのである!!(嬉しいやら、ため息やら・・・・月日の重さを感じる。苦笑〉 そして何よりうれしかったのが、当時低学年であった少年がちゃんと面白い作品の最後に演じた少々難関な作品を感性で読み取っていてくれたという事。これは非常に参考になったし勇気づけられた。カンジヤマは通常どんな年齢層にも面白可笑しいマイムを一通りやったあとにちょっとだけ「背伸び」をした作品をあえて披露することにしているのだが、見事にその効果が証明されたように思われた。つまり児童、青少年を扱う演劇は通常その年齢層を対象としてその内容を全体的にわかるくらいのレベルにとどめるのだが、私たちはその一歩先にあると思われる高度な内容をあえて感性の鋭い子ども、若者たちの為に投げかける事にしているのだ。私の博士論文の核にもなった案件なのだが、子どもというものは必ずしも理屈だけで物事を理解するものではない。その無防備な感性は常に大人の世界の空気を前論理的に受け入れ、それを体感しているのだ。大人との違いはもしやするとそれらの体験を言語という枠組みに再構築出来ないだけなのかもしれない。そしてもちろん個人差はあれど、この経験は感性のするどい子どもほど後々まで心に残る事になる。正太郎さんは二十年たってもそれを見事に憶えていてくれた。さすがに鋭い感性をもった若者だ。 私の好きな心理学の概念にヴィゴツキーという学者の提唱した最近接発達領域(Zone of proximal development) という概念があるのだが、これをカンジヤマは舞台上の構成に出来る限り応用しようとしている。上記の件に関連させて明日のブログで少々解説してみようとおもう。〈さてさて、大学の期末試験採点じゃ!!苦笑)

2010-07-25 06:03 | ひとりごと | コメント

親子で楽しむ演芸会:国立演芸場にて

いよいよ明日国立演芸場にて「親子で楽しむ演芸会」が午後1時半より行われる。今日は午後からそのリハーサルへ向かう。昨年ご一緒させていただいた林家たい平師匠と今回もご一緒させて頂く。なぜか「親子でたのしむ~」はたい平師匠とカンジヤマのペアが定番化しているみたいだ。来月の上野鈴本でも師匠とカンジヤマは変わらず、その他の芸人さんたちと「夏休み親子寄席」が予定されている!! 実は今回カンジヤマは国立演芸場からの依頼でこの演芸会の構成台本と進行を担当させて頂いている。最初から最後まで司会のような役割で夏休みの親子のために、寄席を単に楽しむだけでなく、様々な事を学べるような〈少々固く言えば)教育的プログラムを提案させて頂いた。さてさて初めての試みはどう出るか、楽しみだ。寄席自体は出演される芸人さんたち(もちろんカンジヤママイムも含めて)全員プロであるので芸の中身は安心だ。今回はその芸の前後に子どもたちが大人と一緒に「へえ~、そうだったんだ~!!」とうなづいて楽しんでもらえるようなそんな楽しい知識をちりばめてみた。クイズもあるし、沢山の景品も用意した!!ちなみにカンジヤマからのプレゼントはカンジヤマのサイン入り本だ!!英語をマイムで学ぶ本その他特別大サービス。お楽しみに。 ここのところその準備で殆ど寝ずにパソコンに向かっている。同時進行で大学は期末試験期間に突入。問題作成と採点地獄に追われながらの準備だ。もちろんパートナーのカンジヤマCも頑張って小道具を作成してくれているし、そして妻もいつもながらに本当に影になって沢山の力をくれている。つまりカンジヤマファミリーが総力を結集して構成しているのだ(笑) たのしいぞ~~~~~~!!乞うご期待。

2010-07-23 05:19 | つれづれなるままに | コメント