教会deマイム!?

このところキリスト教教会の関係のお仕事の依頼を頂くことがあるのだが、考えてみると本当に面白い因縁だと思う事がある。というのは、実はもともとマイム、いや演劇自体は歴史上キリスト教会からは真っ先に忌み嫌われたものだからだ。ローマ時代終盤にしても1642年のイギリスの清教徒革命にしてもキリスト教会が実権をにぎるとまずは禁止されるのは演劇的催し物だったようだ。そして演劇の中でも特にローマ、中世と嫌われたのがマイムやパントマイムであったようなのだ!!実は今教えているクラスの一つがその歴史なのだが、この身体芸の中身なり様子がなぜ記録として現存するかというと、実に面白いのだがこれが当時のキリスト教教会の聖職者達によるマイム、パントマイムへの非難、攻撃の文章の中からなのだ。つまり聖職者たちはその非難文の中で、マイム、パントマイム芸人がおこなったありとあらゆる行為を「神への冒涜」「神をおそれぬ破廉恥行為」と名指しで詳しく述べながら個々のマイムの内容記録に「貢献?!」してくれているのだ(苦笑)。もしこれらの批判的記録がなかったのなら現在私たちはマイムの詳細を知るすべはない(爆)。 とはいったものの、これまた面白いのが一旦は演劇的行為を一切否定し、禁止したはずのローマカトリック教会だったのだが、運命とは皮肉なもので、死に絶えたと思われた中世の演劇はなんとそのキリスト教の僧院内より復活したのだ!一説によるとイースターのミサの中に挿入されたトロープ(trope)と呼ばれる短い詩、あるいは音楽にQuem Quaeritis(汝、誰を探したもうのか?)というセリフがある。イエスの死後三人のマリアがイエスの墓を訪ねるのだが、そこに天使が現れ、マリアたちに発する台詞だ。マリア達が「ナザレのイエスの墓にきました」と告げると、天使は「イエスはもう墓にはいない。死から復活されたのだ。行って人々に告げよ」と言う。つまりこの短い言葉のやり取りがミサの途中でコーラスと僧の間で交わされるのだが、実はこれが演劇復活の最初のダイヤローグ(会話)になったとされるのだ。これに端を発して、次第に他の聖書にまつわる物語がやり取りされ、ついに僧院の中、そしてやがては教会内で一般大衆に向けて聖史劇、あるいは奇跡劇が頻繁に行われるようになる。 もっともこれはこれで非常に教育的な意義があったはずだ。つまり当時ラテン語で書かれていた聖書を読めるのは(能力的にも、権限的にも)聖職者のみであり、一般大衆が聖書の内容に触れるのはそれまでは説教、あるいは教会内の装飾品(絵画、あるいは彫刻)のみであったはずだ。ところがこれらの劇があまりにも大々的になり、しかも世俗化してくると教会はその世俗化、演劇による堕落をおそれ1240年にイノセント2世により教会内の演劇的行為を再び禁ずることになる。・・・・やはり演劇的行為への欲求、その劇的本能は全ての人々に普遍的に存在するという証ではないだろうか? その教会に依頼されてマイムをしていると何故かこんな歴史的情景が頭をよぎってしまう。時代とは面白いものでそんな教会で信者の方々が今パントマイムを楽しんでいらっしゃる。まさにマイムは世につれ、世はマイムにつれ・・・・かな?(笑)

2010-04-30 07:37 | つれづれなるままに | コメント(2)

遂に!!というか、やっと・・・

昨年の後半から何度も校正を重ねてきたAATE(アメリカ教育演劇協会)のYTJ(ユース・シアター・ジャーナル)という機関紙がようやく出版され自分の博士論文の一部が掲載された。これは以前にも触れたが、ここ数年の間の優秀論文賞受賞論文をまとめて特集したものなので、かなり面白い記事が集まっているようだ。出版は忘れたころにやってくる…(笑)なんと遠い道のりだったのだろうか。だいたい所詮日本人がいくら英語やっても冠詞など自分の言語にないものは最後までどうしても正確には使えないものだとつくづく感じた。何度も直され指摘されるのだが、では次から正確に使い分けられるかというとそうではない(汗)。いやいや降参なのだ。 新学期が始まり授業の準備や舞台、そしてジムがよいに疲労困憊してかなりブログをさぼってしまった。頭も身体もくらくらするがそれでもやはりワークアウトの後はすがすがしい。マイムは特殊な動きしかしないのでどうしても全体のバランスが崩れやすいようだ。最近ある整体師に指摘されかなり焦った。ヨガと基本的筋トレはマイムを長くやってゆく為に必要不可欠なのでブログより優先させていただいているのでご了承を!!その上、最近様々な芸人さんよりマイムの指導をお願いされるのだが、時間がないのが申し訳ない。できれば合間をぬってもご指導させて頂きたいのですが、何しろこんな状態なのでどうぞご勘弁を!! そんな中頑張っていることがもう一つある。仕事の行き帰りの電車や車の中で古典を暗唱することだ。今は昔覚えた大好きな方丈記に再挑戦している。なぜか・・・面白いくらい息子がそれこそスポンジのように吸収してしまうのだ。若い脳というのは恐ろしい程潜在性があることをまじまじと知らされた。私が駅まで一緒に歩く途中二三回繰り返しているとそれを二三日繰り返すだけで頭にはいっているのに驚かされる。まったく意味もわからずに音だけで覚える。これはすごいことだ。すっかり4歳の息子にライバル意識むき出しにして老脳にムチうちながら(笑)頑張っている今日この頃なのだ。が、しかし私の記憶はといえば「かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし・・・・爆」

2010-04-28 07:26 | つれづれなるままに | コメント(1)

日本社会の衰退、そして亡国への予感

このところ本当に気になって仕方ない事が繰り返し起こるのでそれについて書いてみたい。先日ある方へのお礼にと全国の共通の食事券があることを知った。その食事券は全国の様々なファミレスやらその他のレストランで使用できるし、またその券自体もそれらの場所で買えるという触れ込みだった。ところが蓋を開けてみるとびっくりだった。まず周辺のファミレスなど片端から電話でその食事券の購入に関しての問い合わせをすると気味悪いほど同じような答えが返ってきたのだ。店員:「誠に申し訳ございません。店長が今いないのでわかりません。・・・」私:「店長意外の社員さんで誰かわかりそうな人いませんか?」店員「社員は店長だけです。」おいおいお~い、まさに過去いわれたマクドナルド商法で一店舗に社員一人(まさにこれが店長!)そしてその他はすべて非正規雇用。そしてマニュアル以外の想定外の用件に関してはまったく無知無力。 その後ある薬局へいって、某クスリに関しての質問をしようとレジへいった。その店員「今薬剤師の方がいないもんで・・・」おいおい、それって法律違反だろ? 他の薬局では薬剤師がきたものの(はたして本物かどうかは定かでない)私の質問に対してしたことといえば、必死にその薬の箱の能書きを読んでいる。「おいおい、能書きだったら自分で読めるよ!聞きたいのは貴方の意見、専門知識」薬局でもこうだからましてやコンビニ、その他たとえば旅行のツアーコンダクターからホームセンターにいたるまで同じような経験をなされた方は多いのでは?・・・・・とにかくこんなことが日常茶飯事に起きている。何だろうこのやり切れない思いは?一人一人が自分の仕事に誇りをもっていない。本当の責任を感じていない。全力を尽くしていない。いやそれは個人の問題ではなく、そう仕向けている社会の構造なのだろう。誰もがその場その場を一時的にしのぐような生き方をしているような感じがする。 あるいは大学の求職情報を眺め渡してもほとんどの求人は非正規雇用。つまり非常勤勤務。求人の職務においては大変な責任とクオリフィケーション(資格)を要求しているくせに待遇は非正規、あるいは任期付き。現在の全国の大学の授業の半数以上が実にこの非常勤講師によって教えられているのが現状だという。同じ講師が多い時では週5~6校のかけもちをしている。それらの講師が教える教科で学生は正規の単位をとるのだが、それらの講師は正規の待遇は受けていない。こんな構造で果たして自分のやっていることに本気になって誇りをもてるのだろうか? 一体こういう一時雇われ、しかも複数校に渡って教えている教師を集めて教えさせている日本全国の大学の個々のアイデンティティー(独自性)ってなんだろう。各大学にそれぞれのランキングがあるし、パンフレットを見ると必死に自らの大学の特徴、目標をさも誇らしげにうたっていはいるが、実は教えている講師は半数以上が非正規雇用のあらゆる大学間を行き来している掛け持ち講師。おまけに大学の職員さえも今はほとんどが非正規雇用。殆ど日本の大学は全国どこも講師や職員の内容は変わらないはずだ(苦笑)。変わるのはそんなことはつゆ知らずに入ってくる学生のモチベーションくらいだろうか・・・あとは大学名に付きまとうブランドイメージ?もっとも日本人にとってこれは大きいに違いない(苦笑)  こんな社会に生きていてここの人間がそれこそ命がけで誇りを持ってよりよい会社に、よりよい学校にと自己研鑽しようという気になるだろうか?非正規雇用、派遣が問題になって久しいがこれは経済問題だけでは済まない。国民全体のモチベーション、活気に直接つながる重大事項だ。今世の中はこんな無責任な雇用体系に満ち溢れている。そして何か想定外の事が起きるとそれに対処できずにいる。国全体がこんな状態で徐々に日本が衰退してゆく姿が見えてくる。自分の仕事、役割に本当に誇りがもて、日夜その組織の為、社会のために頑張れる動機がもてずにいる人間がいかに多いか。 アメリカに長年すんでいて一番感じたのがある会社にクレームを入れようとすると電話がたらいまわしにされ、結局時間がかかりすぎてあきらめる結果になる。ウォールマートなどの量販店の店員もほとんどやる気がない。みな専門性のないその場かぎりの人間が多かった。だが、今日本がまさに今こんな状態になりつつあるのだ。誰もちゃんと対処してくれない社会。だれも最後まで責任とらない世の中。ではそんな確実に衰退しつつある社会でなにができるのだろうか。理想を求めるアカデミアがこのような状態ではまさに亡国の一途をたどるのは避けられない現実かもしれない。そして子どもたちはしっかりそんな大人たちの背中を見て育つのだ。

2010-04-20 12:25 | ひとりごと | コメント(2)