出版記念パーティとパネル講演会

昨日は昼から東大の福武ホール内ラーニングスタジオにて同志社女子大学の上田信行教授の出版記念パーティがあり、参加した。この福武ホールとはベネッセコーポレーションが莫大な出資をして、安藤忠雄氏の設計によって2008年3月26日に竣工した教育研究開発のためのホールで、赤門から入ってほどない所に位置している。 出版というのも実にユニークなノートの出版で、「プレイフルノート」と名づけられた断片的な「浮遊する」?アイディアを所々に「バインディング」して綴じたもの。再生紙のような紙のほとんどは白紙ではあるが、ちゃんとアイディアの部分にはページナンバーが打ってあり、論文引用?も可能になっているという。言ってみれば、創造性触発ノートのようなものだ。 最初は軽い気持ちで誘われるがままに参加したのだが、「やはり、来た!」(苦笑)・・・「それでは参加者のカンジヤママイムさんに短時間で少々ワークショップをしてもらいましょう!!・・・単なるお客さんではいられないとはある程度は予測し、覚悟はしていたものの、いきなりの「フリ」に少々あせりながら普段やる「アイスブレーキング」ゲームを紹介する。参加者は30名くらいで、それぞれ出版業界、広告業、教育関係者など多様な構成だ。 休憩中に上田教授に「カンジヤマさん、あなたなら、このアイディアを本などに綴じるという発想を英語でどのように表現しますか?」と問いただされ、とっさに思いついたのが芸術のシュールレアリズムにおける異物の並置という発想だった。つまり”Juxtaposition of disparate objects” 互いにそれぞれ個々ではそれほど特別な意味合いをなさない、一見関係がないものを並置することによって、それが人々の潜在意識を抉るようなインパクトをあたえることがある。(ダリの絵をみればわかるように!)この「並置」を示すJuxtapoisitionという言葉が直感で浮かんだ。同じ土俵に異物を乗せてその相乗効果による化学反応を楽しむ。そんな発想が満ち溢れたパーティーだった。 その後、偶然にもまたまたベネッセが絡んで朝日新聞社と提携で開催したパネル講演会を有楽町に聞きにいった。題して「教育格差をどうする」・・・参加者は杉並区和田中学校元校長の藤原和博氏、漫画家の石坂啓女史、御茶ノ水女史大学教授の耳塚寛明氏、そして朝日新聞社の氏岡真弓女史の司会。ベネッセと朝日新聞社が共同で行った2003年と2008年の児童を持つ母親の意識調査に基づいたデータをベースとして明らかになった格差の教育への浸透についてそれぞれの立場でさまざまな意見が出された。前々から「夜すぺ」(夜のスペシャルクラス)とか「土テラ」(土曜寺子屋)という斬新な発想で話題になった、リクルート社から校長就任した藤原氏の発想が一段と光を放っていた。学校における教育方法において各校長にゆだねられた莫大な権限を強調され、「何もしていないほとんどの校長はその権限を何もしないということで無駄にしている」という意味合いのことを主張されていた。まさにそのとおりだと思う。保身のためか事なかれをプライオリティーとして何もせずに慣例にそって思考停止してしまっている校長がほとんどという世の中。テクノロジーがこんなに急激に激変する中で、子供たちの問題、諸条件、悩みなども従来どおりのわけがない!!何もしないというのは職務権の乱用に等しい。 藤原氏も驚いていたが、あれほど物議をかもした新しい和田中学の試みに自ら乗り込んで、自分の目でその真偽を確かめようとした校長が杉並区でたった一人だったという、もちろん全国の学校の校長もほとんどなにもしていない。なんだ?これは?校長たちに与えられた本当に大きな教育方法に関する権限がまったく工夫されずに慣例に盲目的に従うことにより、よりその生徒との距離が離れていくのは当然だと思った。ようするに子供の問題ではなく、大人たちの保身、事なかれ主義、そして私利私欲がこのような問題を山積させていることがはっきりわかった。 漫画家の石坂女史の発言もとても共感できる素晴らしいものだった。ん~、全国の校長さん、がんばりましょうよ!!新しいことどんどんやってみましょうよ!

2008-09-28 05:38 | つれづれなるままに | コメント

いけないとは思いつつ・・・

最近二つの理由でブログがかけなかった。一つはPCの調子。でも、これは救世主が現れてくれ、一件落着。ブラックジャックのようなすごい友人がパソコンをいじってくれたらすぐにグズっていた自分のPCがご機嫌になってしまったのだ。それにその友人、なんと論文受賞祝いにと自分でパソコンを作ってくれたのだ!!・・・・へっへっへ、うらやましいでしょ?なんとこんな良い奴、めったにいないぜ(笑) とにかく、持つべきものは友人である。こんなしてもらってどうしようと実は今も恐縮して右往左往している。本当に自分は幸せ者だ! と、もうひとつの理由がとにかく耐えられなくなってきた最近の世の中の風潮。前回の前回の読書に関するブログにコメントを書いてくださった方がお勧めの岩波新書の「ルポ、貧困大国アメリカ」を読んだ。そして、その直後にNHKスペシャルの「戦場、心の傷」の1,2を連夜続けてみたのだ。二極化した社会の裏に下層市民を戦場の最前線におくりこみ、「捨て駒」にしてゆく弱肉強食の世界を見せつけられたような気がした。今まで自分がお世話になってきた自由の国アメリカではあるが、その影をある程度知ってはいたものの、改めて目の前に見せ付けられた。思えばアメリカでの自分の周りは希望する教育が受けられる「幸福な」人間たちが集まるアカデミアの世界だった。あまりにも醜い上層部のむさぼりと冷酷さが露呈している。こんな国が果たして自由の国なのだろうか?この本は今すごい勢いで売れているというが、是非読んでいない方は読んでほしいと思う。なぜならこれは他人事ではないからだ。 なぜなら振り返ってみると日本も、大同小異ではないか。みな、金と権力の亡者になっている。そしてアメリカと同じ道を確実にたどっている。己の富のために他人の健康もかえりみない食品関係業者たち、自らの利権を守り、選挙に勝つことしか考えていない政治家たち、そして身内のためならば、金のためならば正直に努力する人間も退けて不正な手続きを続けてきた教育者たち。人間の煩悩がこれほどまでに露骨に表れ続けている今日この頃。自分がやっている舞台が、果たしてどんな役にたてるのか、果たして自分がやっていることがこのような風潮の前でどんな意義があるのか。本当に悩んでしまった。一人でも若者が夢を持って、自分の好きな道を選べるように、そして表現することの喜びを知ってもらおうとがんばってきたのだが、こんな腐りきった恥知らずの大人たちに始終囲まれていたら今の青少年に夢を語れるだろうか?目先の利益、損得を無視して好きなことに励む素晴らしさを、こんな社会が果たしてうけいれてくれるだろうか。本当にどうしたらよいのだろうか。 公務員は何をやってもやらなくても罰せられることはない。たとえ、それが人命にかかわることでも。そしてそいつらはおよそほとんどが人生をエリートとして歩んできたものたち。学校が理想とする学生たちの成れの果てだ。だとしたら今の学校制度ってなんなのだろうか。勝ち組になるための手段?人を蹴落としてまで自分の利益をむさぼる人間製造工場? 今本気で日本の進路を考えなくてはならないときだと思う。西洋一辺倒に制度を踏襲してきたツケが回ってきたような気がする。前回書いた世界ランキングの直後に矛盾するようだが、やはり今学校の意義がもっと問われないと行けないと思う。(これは必ずしも世界ランキングの示す研究業績を軽視しているわけではない。果たしてみなが皆同じ制度で学ぶ必要があるのかということだ。)どこかに無理があるような気がしてならない。多重知能、EQという考えがあるが、学校教育の開発しようとしている知能は本当にごく限られた範囲のものでしかないはず。だとしたら今もっと多彩なシステムがあってもよいのではないか。 よりよい人類のために使われる知能を育成するシステムがあってもよいのではないかと思う。具体的なことはわからないが、でもきっとそんなシステムがあれば、もっと世の中のためになる人間育成ができるような気がする。そのためにはそんな志がある人間がたくさん集まる必要がある。こんなことばかり考えてたらいつの間にかブログがストップしてしまった。明日は富山だ。

2008-09-24 11:17 | ひとりごと | コメント(1)

世界ランキング

仕事の合間に読書の毎日を送った。この半月で20冊以上読んだ。シェークスピアの読み直しから軽い新書本まで様々。その中で失望したのは、三浦展氏の本を三冊くらい読んだのだが、どれもこれも最近の著書が単なるボヤキのような内容になっているのが残念だった。2年ほど前に読んだ『下流社会』あたりは少々データ収集法に文句もあったが、それなりにちゃんとした統計に基づいた面白い切り口ではあったのだが、ここ数年の彼の著作『格差が遺伝する!』や一番最近の『下流大学が日本を滅ぼす!』など、どれもこれも「!」で強調されているタイトルなのだが、内容はかなり貧弱で主観的なぼやきになっているのだ。確かに下流大学は日本を滅ぼしているのかもしれないが、その情報はもうこのタイトルで既に明らかになっており、それ以上の裏づけになる情報、および洞察はあまり見られない。たしかに、このテーマは今深刻なものになりつつあるのだが・・・本当に大学生が従来の高校生以下のレベルなのには驚かされることたびたび・・・ そんな中、一昨日の朝日新聞に中国の上海交通大学高等教育研究所による最新世界大学ランキングの記事が載っていた。この世界大学ランキングはイギリスのタイムズ紙のランキングと並んで世界の大学の格付けとして名を馳せている。論文の引用回数、あるいはノーベル賞など世界的なレベルの研究にどのくらい貢献しているかを総合的に判断したものだ。去年の11月にTIMES誌のランキングがでてから慶應の塾長が自らタイム社に乗り込んでそのクライテリアを確認して帰国されたという情報は有名だ。いよいよ日本の大学も開国を余儀なくされているようだ。国内の偏差値のみでいままで有名校を自称してきた大学は今慌てふためいている。ちなみに昨年11月のTimes社ランキングと同様、今回の統計上世界一位はハーバード大学。東大はアジア第一位でも総合では19位だ(Timesでは17位)。京大は23位、そして慶應が201~302のランク、そして早稲田にいたっては303~401のランクにいる。もちろんこれらのランキングには英語とういう言語主体などという問題点は沢山あるのだが、それにしても今までの日本の大学が如何に国際的学術貢献にそっぽをむいてひたすら井の中の蛙になっていたかがわかる。ましてや大学全入時代を迎えた今、学生の質は落ちる一方だ。思えば日本の銀行がそうだったように、大学の数も多すぎるのだ。どんどん淘汰されるといいのかもしれない。(ちなみに我が母校ウィスコンシン大学は世界ランキング17位!・・・おい、東大より上?ウォ~、本当かい!!) http://www.arwu.org/rank2008/EN2008.htm (上海交通大学世界大学ランキングサイト)

2008-09-13 09:11 | つれづれなるままに | コメント(1)