心身の洗濯とアメリカでのひとりごと

ランニングとスイミングとヨガの毎日がつづいている。今までかなり身体に無理を強いてきたのでそのご褒美だ。帰国翌日からまた連日舞台がつづく。3月2,3日は国立演芸場にて代演、5日はNHKの収録、そして夜は元浅草の永六輔さんのご実家、最尊寺にての寄席「永住亭」に出演予定だ。 それにしてもここアメリカにくるといつもつくづく思うのだが、様々な日常のシチュエーションで本当に融通がきくのだ。レストランの対応一つにしてもそうだ。自分の休日の楽しみの一つにブランチにパンケーキを食べるというのがある。パンケーキには必ずブルーベリーかストロベリーコンポートとホイップクリームをのせて、できれば其の上にアイスクリームを乗せる!!(何の為にランニングしたりしているのかって?もちろんこれを食べる為にですよ!笑)アメリカならば必ずこれをそれぞれ個々のウエイターが判断して対応してくれる。しかし、日本ではまず9割以上の確率で不可能なのだ。 もちろん自分の要求をを全て満たしてくれとはいっていない。たとえば、ホイップクリームだけでもいいから乗せてくれと頼んでもおそらくやってくれるところは少ない。しかも他のメニューにはホイップクリームを使用しているから無いわけではないのだ。ただウェイターが個人で自分の考えで対応することが出来ないのか、またはそれが許されないのだ。「申し訳御座いませんが、メニューにないもので・・・・」 大まかに言えば日本の商売とは言葉上は物凄く丁寧で礼儀、対応もおだやかで優しいのだが、その根底の理論は企業の都合のみでなりたっているのだ。つまり効率がわるくなる(あるいは個人の判断を信頼していない、または個人で判断できないというのもあるが)ということが一番のネックだ。旅館ホテルにしても今でこそチェックイン、チェックアウトの時間は少しは顧客に便利なようになったようだが、それにしても根底にある論理はつまり3時までは部屋の掃除を一気にやりたいから、そして(ほとんどの観光温泉旅館では)早く部屋の掃除を開始したいからという論理でチェックアウトを10時にせっていしている。それも朝はチェックアウトを早くさせるためか、9時ごろまでしか温泉に入れないようにしているのだ。銀行にしてもしかり。3時までしか窓口は開けない。なぜ?アメリカは5時までやっているのだが?つまり客の事は一切考えずに企業の都合でなりたっているのだ。 アメリカに初めて来たころは本当に態度が悪いし、言葉遣いも荒いということばかり目についたが、よくよく慣れてくると本当に日本の商売の偽善的な面が鼻につくようになる。 (写真は大好きなパンケーキのいろんな種類を友人達と分けて食べるとこんなに楽しいという一例)

2008-02-26 08:12 | ひとりごと | コメント(1)

我孫子にて

我孫子の小学校でまた、あえてバイオリン弾きに挑んだ。(この件に関しては昨年の11月13日のブログ「感性とは: 間違う事、そして分からないという事について」を参照ください。)ただし、少々工夫をして、小学生にあえてもう一歩踏み込んだナレーションを取り入れたのだ。結果はすぐに表れた。若い男性の先生が何人もの高学年の子ども達が「バイオリン弾きがかわいそう」と悲しんでいたという事をしらせてくれた。そして前回もコメントしたが、この分かる、分からないということで言えば、決して理屈がわからないのと、空気がわからないことを一緒にしてはならないということだと思う。理屈で理路整然と物語が追えなくとも、何か真剣な葛藤、もがきが一人の男の中でおこっている、そしてそれをみんなが真剣にみつめている、という事が読めることが一番大切なのだとおもっている。 この小学校の教頭先生は実は9年ほど前にカンジヤマの舞台を他の小学校でご覧になっており、今回も是非ということで呼んでいただいたのだが、こういったケースが多いので本当に感謝している。やはり見た方に「本当にやってもらってよかった」と思っていただくのが芸人としてのやりがいである!!児童に見せる舞台の質自体が本当に低下している今、なおさら頑張らねばならない。 話は変わるが、カンジヤマのプロモーションビデオ制作が着々と進行している。先日その一端をみたが中々良いものになっていた。楽しみだ!!おそらく三月中には完成すると思われる。乞うご期待!! 写真は我孫子第二小学校にて

2008-02-22 06:07 | ひとりごと | コメント

郡上市明宝寄席~我孫子第二小学校

しばらく忙しい日々の連続でブログがお休みになってしまった。18,19日と岐阜県は郡上市明宝という素敵な村を訪れてきた。スキー場で有名であるとともに明宝ハム、そして磨墨の里というケチャップが名産らしい。江戸家子猫師匠ら諸先輩とともにここで12年続いている明宝寄席なるものに出演してきた。まあ、当日集まるわ集まるわ、あらかじめ用意したイスが足りずにどんどん後から後から椅子が付け加えられた。何しろ人口約2000人という村で300人近くの人々が集まるというのはすごい!!みな手作りでボランティアの実行委員会の皆さんが企画運営されているというすごい草の根の企画だそうだ。当日は小さな子どもさん達からおじいちゃん、おばあちゃんまでが大笑いしながら寒い冬のひと時を満喫されていった。その翌日はもと村長さん(もと明宝村は近年郡上市と統合したそうだ)や役所の方のご希望で地元の中学の生徒さんたちにいろいろなお話とマイムのデモンストレーションをさせていただいた。その間他の芸人さんたちはスキー三昧!!・・・悲しいかな、自分はマイムという職業上、もしもの事があった場合、今後の予約の入っている舞台に穴をあけてお客様たちにご迷惑をかける事にもなりかねないので、スキー、スケートは一切しない事にしているのだ(涙)・・・でも一度は経験してみたいな~・・・とにかくその後子猫師匠たちと合流し、なんと飛騨牛焼肉食べ放題の後、名湯、明宝温泉でくつろぐというなんともいえない極楽のような旅であった。・・・というのもつかの間、カンジヤマは19日夜10時ごろ帰宅後、すぐに車似て千葉県に移動、翌日20日は我孫子の第二小学校にて早朝からの舞台、お昼に終わってからそのまま荒川区のADEKAという会社での寄席に参加した。帰宅は10時、へとへとのまままだ渡米の準備もなにもしないでそのままダウン!! そしていま!!このブログ書き終えたらすぐに準備にかかるぞ~!! (写真は明宝寄席の打ち上げにて)

2008-02-21 10:45 | ひとりごと | コメント