応用マイム原稿

お笑い教師同盟が発行する「超!エンタメ教育経論」の最終原稿を提出しましたので、その内容をここに転載させて頂きます。 メールマガジン「超!エンタメ教育評論」 第142号 2015年2月13日発行 応用マイムとは?(what is “applied mime”?) 第4回          パントマイム役者 カンジヤマ・マイム −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  始まったばかりのような気がしていたら最終回と言う事でか なり慌てておりました。それと度重なる旅公演と学期末の大学 のクラスの成績管理が重なって遅れまして申し訳ございません。  さて、マイムの魅力、応用法などまだまだたくさんあったの ですが、最後のまとめとしてどうしようと散々迷った挙句、今 回は俳句マイムについて簡単にご紹介いたしましょう。俳句マ イムというと、かなり上級向けのような気がするでしょうが、 実は意外とこれが楽しく簡単にできるのです。例えば山頭火の 自由律ですと、本当に描写だけでもシンプルで楽しい。勿論そ のシンプルな句に難しい深遠な意味もあるのだけれど、あえて 描写が面白いものをその年齢なりの解釈でもって身体で表現す ることにより、自由律の山頭火がより身近に思えてきます。深 い意味は後で学べばよい。まずはその句と親しくなることが大 切です。  実は私たちカンジヤママイムが芭蕉に挑戦する前に、永六輔 さんのアドバイスで始めたのがまずこの山頭火の句でした。例 えば「歩く」という行為に関連する句を全部集めて、どのくら い違う歩き方ができるかどうか挑戦してみました。これも素人 なりにできる範囲でやれば面白いこと沢山表現できると思いま す。 いくつか例を挙げてみます。「けふ(今日)もいちにち風 をあるいてきた」、「なんとなくあるいて墓と墓との間」「笠 にとんぼをとまらせてあるく」、 「風の中のおのれを責めつ つ歩く」、「まっすぐな道でさみしい、どうしようもない私が 歩いている」、「何を求める風の中ゆく」、「もりもりもりあ がる雲へ歩む」などなどです。どうですか?童心に帰って想像 してみてください。どんな面白い表現の仕方があるかなどを楽 しんで考えたら小学生でも相当面白い事ができると思います。 こういうシリーズでなくとも、例えば「てふてふひらひらいら かをこえた」など山頭火の句には本当に純粋にその字面だけで も楽しめる情景描写がたくさんあります。この中で例えば、喋 喋は?あるいはトンボは?それぞれどのように表現することが … 続きを読む

2015-02-13 05:07 | つれづれなるままに | コメント(2)

ブラックゴースト

小学生低学年の頃、夢中になって読んでいたマンガがあった。「サイボーグ009」.この主人公009は試作品のサイボーグ、そして宿敵はブラックゴースト(黒い幽霊)と呼ばれている、いわゆる「死の商人:軍需産業体」だった。そしてある章で主人公のサイボーグ009がそのブラックゴーストのを追跡し、ついにその正体と対峙する。その正体とは三つの巨大なコンピュータのような脳みそ。そして009がその脳みそを破壊しようとすると、その脳みそが言う。「我々は人間に潜在する悪そのものだ」、と。そして「私を今破壊してもやがては他の人間の潜在的な悪の意志が再び現れて第二、第三のブラックゴーストになるだろう」と。そのころ全く意味が分からなかったブラックゴースト(死の商人)。あれから半世紀。まさか自分の国が今そのブラックゴーストの手先になろうとしているとは。悲しい。いつから日本人は人殺しの手伝い(武器部品輸出)をしてでも自分たちが豊かになろう、なんて思い始めたのだろうか。一国の代表がその方向性をどんどん歪めてゆくのを最近ことに感じる。サイボーグ009は果たして現れてくれるのだろうか

2015-02-10 09:48 | つれづれなるままに | コメント