静岡県下の旅~そして茅ヶ崎へ

正月休日最後の週末を息子と娘と楽しんだ。青梅の鉄道公園を訪ね、沢山のSLに乗り、写真を撮り、そしてドライブを楽しんだり、久しぶりの息子と娘とのキャッチボール。旅公演が始まってしまうと中々帰宅できない日々になるので、見つけた時間をなるべく子供達と遊ぶことにする。今、この可愛さ、そしてあどけなさを逸したら二度と戻らない時間はお金では買えない。(でも久しぶりのキャッチボールは肩が痛くなった苦笑) そしていよいよ今週から静岡県下の学校を文化庁の派遣事業で巡回し始めた。14日、掛川で新幹線を降り、天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線で遠州森駅で降り、三倉小学校公演へ。この森駅、降りてから気づいたのだが、森の石松の森なのだ!!と一人で興奮してスタッフに告げると、なんと、若いスタッフのほとんどがこの森の石松を知らない!!そう、もう浪曲の時代は過ぎ去って、名前を知る人も激減しているのだ。清水次郎長まではなんとかわかるが、石松は・・・という若者は多い。ましてや広沢虎造の名を知るものはほとんどいない。こうして様々な物語は歴史の中に消えてゆくものがたくさんあるのだろう。駅でずっとアニメによる広沢虎造の浪曲森の石松が流されており、中々面白かった。息子に買って見せようかと思っている。 三倉小学校との乗り入れで沢山の近隣の学校の生徒さんがいらして舞台は盛り上がった。何しろ一校数十人という学校がほとんどなのだから、みんなが集まるだけでもなんとなく気分が盛り上がるのがわかる。その様子が今日15日の静岡新聞に写真とともに載ったことを今日15日、焼津市の和田小学校の校長先生が教えてくださった。明日は静岡の山奥の梅ヶ島中学校、そして翌々日は西伊豆町の田子小学校。この一連の静岡公演の後、カンジヤマは茅ヶ崎に移動。18日にはいよいよ茅ヶ崎市民文化会館にて会館主催の「おしゃべりなパントマイム」が開催される。これは一般公開公演ですので、近隣の方は是非お越し下さいね!!詳しい情報は:http://www.chigasaki-hall.jp/zisyu/2013-1023-besttango-21/

2014-01-15 06:53 | つれづれなるままに | コメント

2014! 踏み出す A step forward

少々遅ればせながら、新年おめでとうございます。今年もカンジヤマ・マイムをどうぞよろしくお願いいたします。 今年の正月は一人暮らしの母親を我が家に迎え、家族で静かな元旦を過ごしました。大晦日の年越し蕎麦から始まり、「ゆく年くる年」で除夜の鐘を聞きながらのお屠蘇。元旦には雑煮にかるた、二日には初詣と何十年ぶりかの「伝統的な新年の迎え方」を踏襲し、その中で様々な思いがけない記憶がよみがえるという不思議な体験をしました。ここしばらくは、ほぼ毎年海外か演芸場の初席という正月の始まり方でしたので何気ないこんな過ごし方が非常に新鮮でした。因みに私の初夢は母校のニューヨークの大学を久しぶりに訪れたという設定でした。 さてさて、今年は様々な意味で「変化の年」になりそうです。二月には渡印し、仏跡を巡ります。仏教徒として初心に戻って勉強しなおします。三月にはNHK、BS「みんなDEどーもくん」に出演、また後半は国立能楽堂にて早稲田大学の関根教授演出の文化融合舞台、「Act of Betrayal」に出演。オペラ歌手、能楽師、狂言役者とマイムという前代未聞のコラボに挑戦します。4月からはまたいくつかの新たな挑戦が始まります。またカンジヤマ・マイムに正式なメンバーが一人加わり、カンジヤマCとして今後活動してゆきます。6月には上野鈴本演芸場にて独演会がございます。今年のテーマは A step forward. 一歩踏み出す事になりそうです。

2014-01-07 12:49 | つれづれなるままに | コメント(4)