文科省の気まぐれ

文科省は「ゆとり」を目指した学習指導要領を全面改定して2011年度から小学校で使用される教科書の基準を平均で約25パーセント増やすという。一体今までの「ゆとり」の弊害の責任はだれがおとりになるのだろうか?一時は円周率が「3」と教えられた子どもたちもいる。そして今度は平均でこそ25%だが、教科によると30~40%近く増えている科目内容もある。この極端な改訂の負担はすべて直接先生たちや子どもたちの学校生活の質にかかってくるだろう。つまりこれらの教科以外の芸術に触れる機会だとか、人間関係を築く時間などがすべて削られてゆくのは明確だ。EQ(心の知能指数)がまたおろそかにされている。そして今度の方針の責任者はどなたなのだろうか? 確かにゆとり教育と呼ばれた時期、その目玉であった「総合的な学習の時間」などの使い方がまったく見当違いな所も多々あったし、結局は補習のような事をやっていた学校が多いと聞いている。つまり「勝手に自主的に考えて」という事が出来ない国民なのだろうか?「他校はこんなことやっているのに、うちはこんなことしていてよいのだろうか?」典型的な意見が聞こえそうな気がする。だが、やはり本当にゆとり教育をしたいのなら、時間をかけなくてはできるわけがない。最初から自分で考えろといったのなら、考えられるまで待たねばならないのでは?あるいは考えられる手助けをしなくてはならない。それとも「やはりうちの国民は自分で考えられないから~~やらせなくてへ。」あるいは「やはりゆとりなんてくだらないから~~」というわけではあるまい。 ただ今の問題は教科内容の量よりも質のような気がするのだがどうだろうか?つまりたとえば算数や数学ができないのは、あるいは嫌いなのは実は算数なり数学なりの問題自体が解けないのではなく、まずはその文章の内容が(つまり日本語が)分からない、完全に理解できない子が沢山いるのが現状だと、元杉並中学校の校長、藤原和博さんに伺った事がある。つまり基礎力固めが先決なのだ。自分の気持ちを言葉にするとか、誰かどうにか伝えるといった基本的な能力が欠落すると人は切れる。自分の中の鬱積した感情をどのように発散したりするか、このような事が現在の世の中ではより大切ではないのか?だとしたらいたずらに教科内容量を増やすことによってより生徒たちのストレスをためることにならないか。いわんや、学校での科目の内容量が増えるという事は余計に入試内容にそのしわ寄せがくるということだ。では翻って学校が科目内容量を増やしたことによって、その学校の授業をきちっとうけていれば受験勉強は大丈夫なのだろうか?否である。その分学習塾の時間も増やさなくてはならないという結果は一目了然だ。文科省はここのところがまったく分かっていらっしゃらないようだ。文科省の皆さんはやはり最低5年は現場にいらした方がよろしいのでは。肌で感じなくてはね様々なストレスやら問題などを。まずは自らが課した基準を自らがこなしてみよう!!

2010-03-31 06:42 | ひとりごと | コメント

赤羽静勝寺にて

しかし何と寒い一日だった事か!真冬のような寒空の下、赤羽、静勝寺のソメイヨシノはその蕾をすでにかなりほころばせてはいたが、身を切るような寒さになかなかじっと立ち止まってみる余裕がなかった。ここは太田道灌ゆかりの曹洞宗のお寺。いつもカンジヤマの俳句マイムで助っ人としていらしてくださる、横田年昭さんのゲストとして、横田さんご自身の幼馴染のこのお寺での演奏会に参加させていただいた。昼、夜とそれぞれにこの寒さの中、それはそれは沢山のお客様がいらしてくださった。仏様を背にして演じるマイムは何故か後ろから力を頂いているような気分になるのが不思議だ。マイムをしている最中にどうか少しでも沢山の人々が大笑いしてくださり、幸せを感じてくださいますようにと念じつつやらせていただいた。自分が動くことで人の心が和んでくれたら何と素敵な事だろう。(でも正直なところ、真後ろにあるお線香の煙で少しむせていたのも確かだが・笑) それにしても楽しみながらやらせていただいた幸せな時間でした。劇場とはまた違った空間、場の力というものを感じつつ、小さい子供も中に交じりながら一つのコミュニティーがその場で結成され、大きな笑いの渦に皆が巻き込まれてゆくのが本当に素敵だった。演奏も素晴らしい、さすが横田さんの笛は最高だった。心の底から楽しみながら笛を吹き続ける人間がここにいた。

2010-03-29 06:45 | つれづれなるままに | コメント

アバターとハートロッカー

アカデミー賞が話題になったのは少し前だったが、自分の目で確かめるまで何も言うのはやめようと思ってできる限り比較を控えてきた。しかし、旅の合間にやっと時間ができたので映画館に飛び込んでアバターを見た。「売り」の3Dはさして自分にとってはそれほど驚くものではなかった。しかも3D用のメガネのサイズがOne size fits all (いわゆるフリーサイズの一種類)だったので、自分にとっては小さすぎて物凄く不快な時間だった。 ストーリーはもろ西洋の植民地主義、あるいは帝国主義を名指しで批判するというものだったのだが、あまりにもそのキャラクターやストーリー仕立てが如何にもハリウッド映画的な紋切り型だったのが惜しいと思った。ただし、これを見ることによってやはりアカデミーショーはハートロッカーだろうなと自分は納得した。つまり、ハートロッカーは単につい最近のアメリカの政策(主にブッシュ政権)の一部を批判するものだが、かたやアバターは西洋文明の歴史全てを根本から否定するものだからだ。つまり植民地主義、あるいは帝国主義を否定したならば西洋の歴史は成り立たなくなる。イラク戦争批判は往々にして西洋人の一般市民にも今では容易に受け入れられることだし、世論をバックにつけられる可能性はあるが、アバターの場合はその西洋文明の存在、あるいは発展の根拠そのものの否定だ。これがもしアカデミーショーをとったらかなりまずい事になると西洋人のジャッジさん達は意識的にではないにせよ、腹の底で感じていたのではないだろうか。ずばりこの映画の科学者が思いめぐらす原住民との初期コンタクトから植民地化へのプロセスは西洋社会が行ってきた蛮行だと思った。ハワイ統合にせよ、もっとさかのぼってアメリカ大陸、そしてその他のアジア諸国における西洋人たちの物語すべてがこの筋書きの中で象徴的に語られていた。 大体においてこの映画の売りの中心が3Dという事自体がそのテーマを覆い隠してしまっているのかもしれない。逆にこれが3Dでなく、もっとキャラクターなりストーリーが練られたものだったらもしかしたら・・・といった憶測もなきにしもあらずだが、それにしても3Dの売りの陰に隠された西洋文明批判は自分にとっては心地よいものではあった。 (追記)昨今のイルカ、あるいは捕鯨問題を見ていてもこの帝国主義的な言動が目に余る。自分の考え、文化が至上のものだという短絡的な考えでもって価値判断を下してしまうこの根底に流れているのは紛れもない西洋至上主義ではないだろうか。。(ちなみに自分は鯨肉の問題に関しては別の意味で反対している、特にその肉に蓄積されている水銀値を考えるととても食用には適さないのは明確だ)。自分以外の他の文化はギリシャ時代から彼らはバーバリアン(蛮人)と呼び、低俗で支配されても正当化される存在だったのだ。 そしてそれに関する映画「コーブ」のやり方もまったくシー・シェパードと同様の強引さが見られる。これが受賞してアバターが受賞しないのをみても保身以外の何物でもないのではないかと思わざるを得ない。自らの恥部、愚行には覆いを施し、他の責任を大上段に構えて徹底的に追及する。まさに西洋の歴史上の姿そのままを反映しているのではないか。

2010-03-27 12:02 | ひとりごと | コメント(1)