都の西北~にて

昨日はカンジヤマBは国立市民芸術小ホールにてワークショップを教え、私Aは午前中からNHKの収録へ向かった。途中、国立を終わらせたBにNHKで交代し、午後三時から早稲田大学の卒業式に出席。本来は私は非常勤講師の為出席はしないのだが、今年は例外的にゼミを一年間教えた学生達が卒業という事で出席した。実は私は学士、修士、博士とアメリカの大学にて卒業式を迎えた為、なんと今回は自分にとっても初めての日本の大学の卒業式体験だったのだ。但し、大きなオーデトリアムを持ち、全校で一斉にやるアメリカ式の卒業式とは違い、大隈講堂での学部別の卒業式の為、その規模は極めて小さい。(全体の式もあるそうだが出席はしなかった)。 全て英語の祝辞スピーチの後、成績優秀者が9人表彰されたが、その多くは外国人学生だったというのが印象に残った。我が国際教養学部は様々な国籍の人間が集まってはいるが、それでもやはりマジョリティーは日本人の帰国子女なのだ。それに西洋人もいる。だが、優秀者はほとんどが韓国、中国、あるいはその他のアジアの国の学生だったのだ。ん~~、これって・・・・ 最後には応援団がその統制された身振りと喋りで会場を沸かせてくれた。応援歌から校歌まで、応援団とチェアリーダー達と共に合唱した。実は私、その昔、六大学野球が大好きで、六大学野校歌と応援歌を全て憶えているのです(苦笑)それで、最後の校歌「都の西北」の際には感極まって大声で歌ってしまったのでした(笑)そして卒業式の案内に目をやって再び感動した。今までこの歌の作詞、相馬御風と作曲の東儀鉄笛しか知らなかっただが、なんと校閲として坪内逍遥と書かれていたのだ!!まあ、それはそうだろう。この作詞、作曲の両者ともに坪内の門下のような人物であり、東儀鉄笛などは坪内の組織した日本最初の独立劇場である、文芸協会の最初のメンバーの一人なのだから。 大隈講堂の前で沢山の教え子と写真を撮った。沢山の教え子、一人一人に様々な思い出がある。様々な生き方がある。楽しみだな~~

2012-03-27 06:12 | 学位 | コメント(4)

博士一周年!

ちょうど一年前の今日12月4日、ウィスコンシンのマディソンの雪の降りしきる朝、自分は大学の演劇学部会議室で博士論文の最終口頭試問を受けていた。凍りつくような寒い朝、極度の緊張で臨んだディフェンスだった。約300ページにわたる論文について、ニ時間におよぶ質疑が投げかけられ、それに対して自分の論文を守る、つまりディフェンスするのが最終口頭試問だ。ついに質疑応答が終わり、教授に「それではこれから最終審査をするので、呼ばれるまで退室していてください」といわれ、審査室の部屋を一人で退室する。審議委員メンバーの担当教授5人が中で論文の合否の是非を相談している。ディフェンスの緊張はとけたが、やはり結果が気になる・・・・時がゆっくりと過ぎてゆく。 やがて15分くらいしてから教授に再び呼ばれ、部屋に入る・・・・・五人の教授達の視線を一手にうけて入室。第一声! ”Congratulations, Doctor!” (「おめでとう、博士!」)担当教授が握手の手を差し伸べてくれた!!「お、終わった!!・・・ついに・・・五年半の道のり・・・・」。嬉しさよりも脱力感が先に全身を駆け巡った。だが、その次の瞬間、もう一人の教授が言った「あなたの論文はpredicate of excellence とともに受け入れられました!!」・・・・「はっ???」ううううう・・・・、博士と呼ばれた次の瞬間その意味がわからず、一瞬たじろいだ・・・ そんなのわからねえよ(これ、もちろんこころのつぶやき)・・・・、と、するとすかさず、もう一人の教授が”Takeo, it’s something very good, don’t worry!!”(「タケオ、心配するな、非常にいいことだよ!!笑」)・・・・つまり自分の論文が優秀論文として受け入れられたということらしい。一瞬だじろいだが、もうそんなことどうでもよかった。(もちろん嬉しかったが)とにかく、論文が受け入れられた、そのことが全てだった。 妻が事前にシャレでTシャツを用意してくれていた。その黒いシャツの胸には”Trust me, I am a doctor!”(私は博士だ!) と白い字でかいてある。これを上着の下に着て、博士論文合格の折に上着を脱いでみせる・・というはずだったが(笑)さすがに、そのガッツはなかった(涙) とにかく、あれから早一年が過ぎた。どんどん時間が過ぎてゆく。泣いても笑ってもひたすら時間が流れてゆく。人生の半分は葛藤の連続のうちに過ぎてしまったようだ。諸法無常、常ならざるものとして常ならざる世に生まれ、同じ時間が流れるのならば、コップ半分の水をhalf empty と見るよりもhalf full と見たほうが得のような気がする。(つまり半分しかないのではなく、半分もあると見るのだ!)ものの見方次第で人生が変わる。そんな気がする。地獄のあとに天国がくる。でもそんな天国でもその常ならざる事をいつも意識していなくてはならない。これが今自分の携帯メールのアドレスになっている。and, this too shall pass!! (やがて、これも過ぎ行くものという意味)。注:携帯アドレスはこのままではありません!!(ちなみに写真はそのウィスコンシン大学の演劇学部の廊下を歩いている息子です)

2007-12-04 04:41 | 学位 | コメント

カンジヤマ・マイム、ついに博士号取得!

去る12月4日ウィスコンシン大学にて行われた博士論文最終審査にてカンジヤマ・マイムの博士論文がDistinction (特に優秀と認められた論文に与えられる称号)にて合格し、ついにカンジヤマ・マイムが博士(Doctor of Philosophy)の称号を手にしました。 (※これは巷の一部で流行っている、認定されていない大学機関からお金と引き換えに得られるような、いわゆる名誉博士号の類ではなく、れっきとした州立大学でアメリカの大学院生と成績をきそい、論文を完成させ、それについて何人もの教授達からの口頭試問を経て正式に認定される学位です。)

2006-12-05 12:00 | 学位 | コメント