池田市民文化会館にて

  大阪は池田市にて某高等学校の芸術鑑賞会にお招き頂いた。仕込みの際、そのステージの高さと客席の高さが気になり、念入りに確認したところ、やはりサイトライン(観客席からの舞台への視野)が思わしくなかった。マイムは特に視覚芸術のゆえ、このサイトラインが命取りになる事がしばしばあるのだ。どうも前列の観客の頭に遮られて演者の上半身しか見えていないのだ。時間があったので、会館の関係者の方々にお願いしてステージの大部分に平台を据付け、舞台の高さを調整した。もちろんこれは大変な仕事なのだ。カンジヤマのスタッフ、出演者一同、みな本番前に汗びっしょりかきながらステージの高さを満足なものにすべく頑張ってくれた。会館の方々が非常に理解のあられる方々で心より感謝!! 写真のような平台の上から演者の足元が見えるよう確認し、本番に臨んだ。生徒さんたち、みな素敵な笑いと真剣な眼差しで90分を過ごしてくれた。大変満足する結果が得られたのも会館のスタッフの皆さんのおかげと感謝している。このように一回一回違った環境のもと、その環境に見合う公演をすべくステージの様々な要素に気を使っている。例えば空調の温度。これもまた重要な要素なのだ。特に若者は自らがものすごい体温。会場は自然と熱くなる。従って本番前になるべく普段より低めの温度設定をお願いしている。席の配置、これもしかり・・・舞台が始まってしまったらこういった要素は変えることはできない。みな本番前の真剣勝負なのだ。(写真は本番前の舞台を点検するカンジヤママイムAとB)

2013-06-12 11:51 | 公演 | コメント

丸山浩路さん追悼公演

丸山浩路さん。この御名前を御存知の方多いのではないだろうか。いや、万が一御存知でなくても、丸山さんの写真を見たら「見た事ある」と思われる方が多いと思う。手話通訳者の第一人者であり、そして現代の語りべ、歌う宣教師と言われた偉大なパフォーマ‐でもあった。私が最初にアメリカから帰国し、マイムでまだ食べてゆけない頃、二人の方々が私をよく旅公演にお誘いくださった。一人は永六輔さん、そしてもうひと方がこの丸山浩路さんだ。日常ではあまりプライベートな事を語らない方であったが、お酒を飲むと本当に色々な本音を語ってくださり、いつも私は刺激を受けつつ、いろんな勉強をさせて頂いた。 その丸山さんが一昨年亡くなられたというショッキングなニュースを知ったのが半年くらい前だった。暫らく御無沙汰していたのだが、舞台を退かれるというお知らせを頂いてからどうしていらっしゃるのだろうかと心には思っていたが、ショックだった。その丸山さんのファンが集い、今日東横浜のカナックホールにて追悼公演をする。光栄にもゲストとしてお招きいただいた。楽しいショーにしょようと思う。丸山さんへの御恩返しになればと思う。 (写真は丸山浩路さん)

2012-04-07 09:28 | 公演 | コメント(2)

鈴本演芸場八月下席

本日21日から上野鈴本演芸場八月下席に出演しております。今日は初日。本日より弟子のカンジヤマCがめでたく落語協会会員として寄席に出ることになりました。従って今席は24の私のソロの日と25のお休みを除いて二人での出演です。もっともCはすでに10年ほど前に鈴本演芸場や国立にお世話になっておりますので必ずしも初めての寄席ではありません。今日は立ち見も出るほどのお客様。とても楽しく二人でできました。 尚、以前お話ししました、週刊新潮のコラム「私の食卓日記」に関しては8月26日発売予定の9月2日号にカンジヤママイムの日記が掲載される予定だそうです。是非ご覧ください。さてさて今年後半戦がはじまりました。楽しく思い切り動いてゆきたいと思っております。今月は鈴本演芸場下席に加え、29日には親子寄席もございます。そして25日には秋田へ高校の芸術鑑賞会にまいります。その他論文もいくつか手がけておりますので、またまた忙しい日々です。楽しみましょう、人生を!!

2010-08-21 09:08 | 公演 | コメント